ホッパーおよび充填ステーションでの透明トレイの検出

ホッパーでの透明トレイ検出用途の画像

用途:食品充填ステーションで透明なプラスチックトレイを検出 

課題: センサによっては高信頼性の検出が困難な透明なプラスチック

解決法:バナーエンジニアリングのQ4X透明体検出センサ

メリット: IP69K等級および洗浄に対応し、透明または半透明の対象物を高い信頼性で検出できるセンサ

食品加工ラインでは、製品が無駄になって生産コストが増加するだけでなく、ダウンタイムも増加する事例が数多くあります。そのため、透明な食品トレイがホッパーに接近してきたときに正確にトレイを検出できるソリューションが必要になります。各トレイを正確に検出することで、トレイがあるときのみ食品が充填されるようになり、食品がこぼれて無駄になることはありません。

説明

バナーエンジニアリングのQ4X透明体検出センサは応答速度が早く、透明または半透明の対象物を、反射板を使わずに高い信頼性で検出します。 このセンサは、透明な材料や高速で処理が行われる製造ラインに特有の課題を問題なくクリアします。 

ホッパーや充填ステーションの周囲には、反射板を取り付ける場所があまりありません。 Q4Xには反射板は不要ですので、その分設置コストが削減され、セットアップも容易になります。洗浄環境で反射板を除去することで、不具合の原因も排除されます。

Q4X CODセンサはサブミリメートル単位で距離の変化を高速検出できるため、トレイどうしを接触することなく近い場所に配置でき、製造ラインの効率とスピードの維持に役立ちます。また、IP69K等級に対応したステンレス鋼で密閉されているため洗浄も問題なく行え、食品産業での利用に最適です。 

この記事で取り上げられた製品

Q4Xシリーズ 高耐性レーザー距離センサー
Q4Xシリーズ 高耐性レーザー距離センサー

頑丈なQ4Xレーザー距離センサは多数の困難な用途を解決でき、FDA食品等級のステンレス鋼ハウジング格納により、耐性の高いIP69K等級を提供します。

さらに読む

関連分野