洗浄環境での透明なガラスおよびプラスチック製ペットボトルの検出

用途: 透明なプラスチックボトルの検出

課題:洗浄環境でさまざまな形状およびサイズの半透明の材料を検出

解決法:Q4X透明対象物検出センサ

メリット:広範な透明/半透明の対象物を確実に検出するために距離と光度を測定するデュアルモードセンサ。強力な洗浄剤および過酷な洗浄に耐えるIP69K等級のステンレス鋼ハウジング。 

Q4X_COD_line_In_RCF_bevLin

ボトル製造および高速搬送の困難な条件を克服できるセンサ

ひとつのボトリングラインで1日に処理されるボトルの本数は何十万本にも上ります。ボトルがライン上を搬送されていくときにボトルを確実に検出して正確にカウントすることができれば、多くの下流工程に役立ちます。しかし、ボトルの形状、サイズ、材料、半透明性がそれぞれ異なるため、正確な検出は難しくなります。例えば、透明なガラスと透明なプラスチックでは光の減衰の仕方が同じではないし、ボトルの輪郭や溝が異なるために反射光が予想不可能な挙動をすることがあります。

そのため、このような課題を克服して高速なボトル搬送スピードについていけるセンサを使用する必要があります。多くの場合、回帰反射型の光電センサはボトリングラインで信頼性の高い検出を行うのに必要な応答速度を持っていますが、透明なボトルを透過することがあり、完全な検出を行えません。また、定期的に高圧高温洗浄にさらされるため、反射板の光や弱くなったり損傷することがあり、検査効率が徐々に低下してメンテナンスの回数が増加します。

反射板を使わずに広範な対象物を検出するバナーのQ4X透明体検出センサ

バナーのQ4X透明体検出センサは、滑らかな表面や塗装面などの安定した背景条件の距離および光度を測定します。そうすることで、反射板を使わずに広範な半透明の対象物を高い信頼性で検出できます。このセンサは透明なボトルが検査エリアを通過したときの背景条件からの距離や光の変化によって検出するため、ボトルの形状やサイズ、色、面の影響を受けません。

セットアップが簡単で使いやすさが特徴です。オペレータは、センサにある押し応えのある3個のボタンを使って参照背景条件が認識されるようにティーチするだけです。4桁のアングルディスプレイには検査状況のフィードバックが連続的に表示されるため、セットアップや管理を簡単に行えます。

このセンサはIP69K等級に対応したFDA準拠のステンレス鋼エンクロージャで守られています。高圧高温洗浄に耐え、強力な化学薬品や洗浄剤にも対応します。さらに、極端な振動や過度の締め付け、機械的な衝撃にも耐える構造になっています。

推奨製品

Q4Xシリーズ 高耐性多目的光電センサ
Q4Xシリーズ 高耐性多目的光電センサ

この光電センサは多数の困難な用途を解決でき、FDA食品等級のステンレス鋼ケース格納により、耐性の高いIP69K等級を提供します。

さらに読む

関連分野