エラー防止

製品品質の確保は終わりのないプロセスです。非効果的なプロセス、ヒューマンエラー、設備の故障、および材料欠陥により、製品の品質や生産の効率性に悪影響を与えかねません。ミスの早期発見、ミスを引き起こす条件、およびそういった条件の修正がエラー防止の基本であり、リーン生産環境を促進します。検出技術分野にかかわる広範なバナーの専門知識により、製造メーカーが、課題の克服、効率性の向上、品質の改善、そして経費とダウンタイムの低減を実施するための問題解決ソリューションを提供しています。

結果を絞り込む

全フィルタを解除する

製品タイプ

  • (28)
  • (17)
  • (7)
  • (2)

産業

  • (4)
  • (8)
  • (18)
  • (8)
  • (7)
  • (1)
  • (5)
  • (6)
  • (3)

Back To Top

選択されたフィルタ
  1. マルチレーンコンベアの冷蔵ロールパンの検出

    複数の色が推移する暗色系のパッケージは、従来の赤いLEDセンサでは検出しにくいことがあります。バナーエンジニアリングの小型VS8光電センサは青いLEDを使用しており、反射性の低いラベルで良く機能し、加圧缶に詰められた冷蔵食品のパッケージを検出することができます。小型センサは狭いスペースにもフィットし、短距離の用途に利用できます。青いLEDは小さなスポットサイズにより、ラベル上の色の推移効果を最小限に押さえます。

  2. 組み立てプロセス中のPCBアセンブリの接着剤の検出

    バナーエンジニアリングの小型VS8センサは、接着剤が塗布される過程でその有無を正確に検出するために、グルーガンの上に設置されます。VS8にはグルーガンとPCB間の距離をティーチングされているため、接着剤が塗布された後のほんのわずかな高さの距離を検出し、接着剤のムラや気泡があるかどうかを認識できます。小型センサは、電子機器のアセンブリに多い、物があふれるスペースに非常によくフィットします。

  3. 分類コンベアの詳細検査

    大規模な流通施設では、製品は分類トレイに載せられて、適切な出荷先に応じたビンに配送されます。 分類が始まる前、コンベアにアイテムを配置して次の場所まで送られるように、各トレイは空である必要があります。5メガピクセルVEスマートカメラは非常に精細なレベルの詳細を認識し、ほぼすべてのサイズのアイテムを検出して、トレイ上のアイテムの有無を確認することができます。

  4. モバイル電子端末の緻密検査

    携帯電話やその他のモバイル電子機器のコンポーネントはプリント基板上に密集しています。あらゆる細部のキャプチャとすべてのコンポーネントの正しい配置の確認には、VEスマートカメラが使用されています。カメラの使用により、ヒューマンエラーのリスクを排除し、誤作動やリコールを未然に防ぐことができます。

  5. 自動臨床ラボのバイアルのトラッキング

    バナーエンジニアリングのQ12アンプ内蔵型ミニセンサは、自動化された臨床ラボを通過する過程で、バイアルが入ったパックを検出します。 低性能のセンサはエラーの原因となり、ラボのスループットを遅らせることになります。Q12は小型で、結果を左右することなくスペースに限りのある場所にフィットするため、臨床ラボでの使用に最適です。 固定フィールドセンサは、パックの色に関係なく検出することもできます。

  6. ポケットテープに搭載された集積回路チップのエラー防止

    • ICチップの有無と向きを確認• センサは複数の機能を一度に実行• コストの削減と多用途性

  7. 正確なラベル検査 [成功事例]

    会社では品質管理に関する問題がいくつか発生していました。ボトルがラインから外れ、ラベルの欠落、ゆがみ、重複貼付が起きていました。その結果、ラベルエラーのあったボトルを除外して、再利用に向けてプラスチックを粉砕するというプロセスで、顧客は月に2,000本を超えるボトルを廃棄していました。さらに、顧客からはラベルエラーに対する深刻な苦情が届くようになりました。さらなるボトルの廃棄と上顧客の喪失を避けるため、同社はバナーのラベル検査ソリューションに関心を持ちました。

  8. 品質規格を満たすために使用する複合検査 [成功事例]

    倉庫型店舗での販売用としてブリストレイに誤ってパッキングされたボトルは、製品ラベルの表示に誤りがあったため、会社に返品されました。

  9. オペレータガイドソリューション [成功事例]

    Henshawのあるお客様は、自動車産業向けのドライブトレインおよびパワートレインシステムを製造しています。この会社は、トランスミッションバルブ本体の組み立てにおけるエラーによって、生産性を損ないました。Henshawは、エラーを減らして組み立てプロセスを改善するシステムの開発を任されました。

  10. オペレータの操作を案内する実行バー [成功事例]

    大手機械製造業者は、正確でタイムリー、かつコスト効率の良い電池アセンブリ向けのワークステーションを製造しました。ワークステーションコンポーネントには、オペレータガイド装置が付加価値として装備されています。この装置は、組立プロセスの開始と停止、選択・インストールする部品の指示、および緊急時のライン作業の完全停止を行います。OEMは、これらの装置の組み立てと取り付けに費用が掛かりすぎることから、バナーにすべて込みのソリューションの提供を求めました。OEMのお客様 (バッテリサプライヤ市場の主要中堅企業) のスケジュール要件に合わせて、8週間でソリューションを提供する必要がありました。

  11. 部品のワイヤレス要請コール

    バナーのTL70ワイヤレスモジュラー式タワーライトおよびK50タッチボタンは、部品の追加要請についてフォークリフトドライバーと簡単かつ効率的にコミュニケーションをとるためのシステムを提供します。ワークステーションのカートン数が少なくなると、オペレータは人間工学に配慮されたK50タッチボタンをタッチし、それにより接続されたTL70ワイヤレスタワーライトのステータスが赤に変わります。

  12. キャップの向きの確認

    316Lグレードのステンレス鋼で作られたバナーのQ4Xレーザーセンサは、調剤環境やその他の無菌充填エリアに非常に適したセンサです。Q4Xの検出範囲は25~300 mmで、精度の高いビームのスポットサイズを備え、キャップがフィーダーボウルを出る際にその向きを効果的に検出することができます。キャップが逆さまになっている場合、Q4Xは高さの違いを検知し、そのキャップを取り除きます。

  13. エンジンブロックの位置決め

    バナーのL-GAGE LHレーザー変位センサは、部品の正確な位置が重要となる用途に最適です。L-GAGE LHシリーズは継続的にマイクロンレベルで暗色系のターゲットを見ています。バナーのレーザー変位センサは非常に正確で、エンジンブロックの位置決めといった精密な位置決め用途に使用できます。センサは、エンジンブロックの製造に良く使用される鋳鉄やアルミニウム合金など、実質的にあらゆる表面を測定できます。

  14. DF-G2による錠剤の高速カウント

    バナーのDF-G2小物検出ファイバ増幅器は、小さな物体の検出とカウントの用途に最適です。DF-G2増幅器の応答速度は非常に素早く、3 mmの錠剤や丸薬といった非常に小さなサイズを検出できます。錠剤がボトルに落下すると、DF-G2ファイバ増幅器に出力を発し、それにより錠剤の数を数え続けます。

  15. 手袋着用時のキッティング作業

    バナーの限定反射K50インジケータは手袋を装着した手を検出し、キッティングプロセス中に作業員が正しい部品を選択したことを感知します。すると、K50インジケータの論理機能により、緑から黄色に変化することで、作業員が正しくピッキングしたことを通知することができます。製造メーカーの希望に合わせて追加の色を選択できます。黒い手袋を検出するK50の能力は、作業員が通常暗色系の手袋を着用するリーン生産プロセスにおいて特に重要です。

  16. 医薬品のボトル詰めにおけるソフトカプセルのカウント用途

    この用途を解決するために、バナーエンジニアリングは、D10Dエキスパートの技術に、小さな物体のカウント用に最適化された光ファイバアレイを組み合わせ、Q10エキスパートスモールオブジェクトカウンターを作りました。スモールオブジェクトカウンターの光ファイバアレイを事前に構成することで、シングルポイントの投光器と受光器の光ファイバアセンブリを使用する場合に比べ、アライメントと物体の位置決め制御の重要性が低くなります。これにより、小さな物体のカウントを確実に一定して行うことができます。

  17. ピックトゥライトのキッティングサポート

    バナーのK50光学ピックトゥライトシリーズは、アンプ内蔵型の一体型センサ付き小型3色インジケータです。通常、緑はピッキングする部品を示し、内蔵センサが手を認識すると、インジケータは黄色に変わってタスクの完了を確認します。オプションの3つ目のメッセージは、赤色で誤ったピッキングを示します。

  18. 受注処理

    システムコントローラは、特定の場所からアイテムを収集するように指示を出します。コントローラは、指定された場所でPVAのタスクライトを点灯します。タスクライトは、その場所からアイテムが移動されると消灯します。複数のアイテムが1つの場所から要請されると、タスクライトは相当するアイテムが取り除かれるまで点灯したままになります。EZ-LIGHT PVAピッキングセンサの輝度の高い照明によって、ピッキングする部品を離れた場所から見ることができるため、時間を節約することができます。

  19. ピッキングシーケンスの指示とピッキングの確認

    ビンの両側のラックに、一組のEZ-LIGHT PVAピッキングセンサが取り付けられています。プロセスコントローラの信号に応じてPVAが点灯し、組立員に次のピッキングする部品を示します。組立員が手をビンに入れて引き出すと、コントローラは部品がピッキングされたことを認識し、ピッキングシーケンスの次のビンを示すためにPVAを点灯します。

  20. 自動車組立作業における部品の取り外し確認

    自動車組立工場では、一部の部品を一時的に取り付けるために、「グレネードピン」と呼ばれる一時ピンが使用されます。グレネードピンの除去を確認するために、点検ステーションには、EZ-LIGHT PVAピッキングセンサが装備されたピン用のコンテナがあります。

  21. ビンピッキング用途のビンの検知範囲

    PVLの広い領域に対する信頼性は100%で、ラックの外形に直接取り付けることができます。PVLは用途のニーズに応じて縦方向または横方向に取り付けることもできます。この多用途性により、セットアップを迅速に済ませ、素早く効率的なプロセスを実現できます。

  22. 小さな部品のカウント

    バナーのDF-G1シリーズは、小さい部品のカウント向けにセットアップと較正を簡単に行える増幅器です。増幅器のセットアップが完了したら、信号レベルやしきい値を同時に表示する、読み取りやすいデジタル式のデュアルディスプレイにより、簡単に操作を可視化できます。

  23. ピックトゥライト ソリューション

    エラー防止プロセスのビンピッキング用途には、いくつかの技術とソリューションを利用できます。ライトアレイは、一体化された作業ライトによってオペレータに部品の選択を指示し、ビンの手前に配置された目に見える赤色または赤外線の検出ビームを使用して、部品の取り出しを確実に検出します。

  24. 部品要請

    部品ビンへの信号の設置は、部品ビンの部品を常に確保し組み立てラインの生産性を維持するためのシンプルなソリューションです。EZ-LIGHT K80コールライトは、部品がなくなる前にオペレータが点灯する、大型の照光信号です。K80は赤色で点滅して、ストック担当員にサプライの追加を指示します。フレキシブル生産環境では、オペレータステーションと作業セルが、組み立てラインと製造ラインへの迅速な変化に対応できることが必要です。

  25. 大豆の高速カウント

    この用途を解決するために、バナーエンジニアリングは、D10Dエキスパートの技術に、小さな物体のカウント用に最適化された光ファイバアレイを組み合わせ、Q10エキスパートスモールオブジェクトカウンターを作りました。スモールオブジェクトカウンターの光ファイバアレイを事前に構成することで、シングルポイントの投光器と受光器の光ファイバアセンブリを使用する場合に比べ、アライメントと物体の位置決め制御の重要性が低くなります。これにより、小さな物体のカウントを確実に一定して行うことができます。

  26. 電子マーク確認

    このソリューションには、一致検査用に設定されたiVuシリーズ センサが使用されています。基準となる「良好」の識別子がセンサにティーチされています。生産ラインで使用する際、センサは、コンポーネントに正しいIDがない場合に検出して不合格の出力を送信すると、その部品が除外されます。

  27. LXセンサによる落下部品のカウント

    バナーエンジニアリングのLXシリーズ部品検出ライトスクリーンは、マルチビームの赤外線パターンを生成し、そのビームを通過するアイテムを検出し、小さな物体に対する優れた感度を実現します。小さな部品がフィーダボウルからプラスチック製のバッグに落下すると、LXセンサはそれぞれの部品を検知し、バッグに特定の数の部品が含まれるとラインを先に進めるようにトリガします。

  28. 接着ビードの検出

    D10エキスパートセンサは、ロボットが接着剤を塗布する位置に近づけられた光ファイバの検出端部により、接着剤がICチップに塗布されたことを確認します。対抗する一組のV52センサは、充填されたウエハーのトレイの高さが事前設定された高さを超えたときに検出します。

  29. エンジンブロックのゴム製ワッシャの検出

    バナーのQ4X多用途レーザーセンサは、高さのわずかな変化を伴う困難な用途においても、小型の黒い検出体が光沢のある金属製部品上に存在することを確認するなどの有無の検出に最適です。鋳造アルミ製のエンジンブロックにはワッシャが存在します。Q4Xが高さのわずかな違いを検出すると、その違いが1 mmであっても、信号を送信し、ゴム製ワッシャがないこと、複数のワッシャがあることをオペレータに警告します。Q4Xは、前景抑制モードで、特有のウィンドウ調整機能により、重複するゴム製ワッシャを検出できます。

  30. エラー防止 アセンブリ用途

    バナーのK50シリーズのシングルポイントピッキングセンサは、単純で使いやすい、アセンブリ用途のエラー防止ソリューションです。この用途では、タスク入力がアクティブである場合、タスクライトは緑色に点灯して、次にピッキングする正しいビンを示します。アセンブリ担当員の手が検知されると、状態の出力変更が発され、タスクライトが赤色に変わります。すると、次のピッキング場所の上にあるタスクライトが緑色に変わります。

  31. 反射モードレーザーセンサを使用したパッケージ検査

    WORLD-BEAM QS18LD反射モードレーザーセンサは、パッケージがコンベアに移動する際の検査を正確に実施するために使用することができます。センサは、パッケージを密封するために使用するテープに向かって可視性のクラス1レーザー検知ビームを発光します。ボックスの上部が正しく閉じられて密封されている場合、テープは受光器に検知ビームを反射します。

  32. 誤ったピッキングの信号

    EZ-LIGHT K50センサは、ビンの上で点灯し、ピッキングする部品を組立担当者に示します。組立担当者が別のビンに手を伸ばすと、そのビンのEZ-LIGHT K50センサは警告に指定された色で点灯し、エラーを示します。この例では赤に点灯します。

  33. 幅広ビンの部品ピッキング確認

    回帰反射モードのEZ-LIGHT K50センサは、アセンブリシーケンス内の次の部品がサンルーフであることを示します。オペレータが幅広ビンからサンルーフを選択すると、K50がピッキング作業を検出します。

  34. 受注処理の部品ピッキング確認

    キャンディ販売業者の受注処理作業では、ビンに、注文でプログラム設定されたプロセスコントローラに接続したEZ-LIGHT K50センサが搭載されています。K50は、注文に基づいて点灯し、ピッキングするアイテムを示します。作業員がビンに手を伸ばすと、インジケータが手の存在を検知し、コントローラがピッキングする次のビンのK50を点灯します。

  35. 大型ビン用の部品ピッキング確認

    アセンブリ作業におけるエラーのリスクを緩和するために、棚の上部レールにはその棚の開口部に向けて、単体のEZ-LIGHT PVDピッキングセンサが設置されています。PVDにはプロセスコントローラが搭載されており、ピッキングするビンのPVDを照光するようにプログラム設定されています。あるビンで組立担当者の手が入り出たことをPVDが検出すると、コントローラは次にピッキングするビンのPVDに信号を送ります。

  36. カメラレンズ向けの部品選択確認

    各ビンには、注文票に従ってプログラム設定されたプロセスコントローラに接続されたEZ-LIGHT VTB確認タッチボタンが取り付けられています。VTBのLEDベースが点灯し、注文に使用するレンズを示します。作業員はレンズを選択し、VTBのタッチ領域に指をあてて、取り出したことを確認します。確認には圧力を加える必要がないため、繰り返し行われる動作による怪我のリスクを緩和することができます。

  37. 小型ビン向けの部品選択表示

    組立作業におけるエラーのリスクを軽減するため、400 mmの範囲で使用できる単体EZ-LIGHT PVDピッキングセンサには、正しい組み立て順がプログラム設定されたプロセスコントローラが搭載されています。このコントローラが正しい順でPVDを点灯することにより、組立担当者に選択する部品を示すことができます。あるビンで組立担当者の手が入り出たことをPVDが検出すると、コントローラはピッキング順の次のビンのPVDに点灯する信号を送ります。

  38. パーツ設置状態インジケータ

    EZ-LIGHT K50L表示灯が設置される以前、オペレータは機械に部品を取り付けてから、作業エリアを出て部品の適切な設置状態を確認するためにスタックライトを確認していました。設置状態が正しくない場合、その部品を使った機械を作動する前に、この取り付け・確認のプロセスを繰り返す必要がありました。ワークステーション内にK50Lが設置されてからは、単純なY字接合により、部品の正しい取り付け状態を即時に見分けることができるようになりました。

  39. パーツキッティング

    オペレータはビンからワッシャーまたはシムを選択した後、台車の点灯しているEZ-LIGHTインジケータにワッシャーを取り付けます。

  40. 受注処理:幅の広い棚

    幅の広い棚には、それぞれに、最大検出範囲2 mの単体のEZ-LIGHT PVDピッキングセンサが回帰反射モードで取り付けられています。出荷する地図を作業員が選択するビンで、PVDが点灯します。

  41. 受注処理のビンピッキング

    書籍の梱包倉庫では、書籍の各段ボールの上のラックに単体のEZ-LIGHT PVDピッキングセンサが搭載されています。作業員は、パッキングスリップに指定されている各書籍の数量を選択して、受注処理します。作業員が書籍をピッキングする段ボールを見つけやすくするために、段ボール上のPVDが点灯します。PVDは段ボールに入る作業員の手を検知し、書籍がピッキングされたことを確認します。

  42. 奥行きの大きなビンのピッキング

    EZ-LIGHT PVAピッキングセンサは、さまざまな作業システムに確実なエラー防止ソリューションを提供します。組立担当者がピッキングするアイテムとピッキング順を、照明によって示します。

  43. エラー防止目的の部品検出

    この用途を解決するために、バナーエンジニアリングは、D10Dエキスパートの技術に、小さな物体のカウント用に最適化された光ファイバアレイを組み合わせ、Q10エキスパートスモールオブジェクトカウンターを作りました。この用途では、オペレータはキャップを取り外し、ファンネルに投入します。すると、キャップはスモールオブジェクトカウンターによって検知され、キャップが取り外されており、組み立てプロセスを続行できることが確認されます。

  44. キャップ分類装置の検出

    バナーのR55F光ファイバセンサには、キャップの色やサイズに関係なくキャップの有無を検出する能力が備わっています。多様なボトルキャップや頻繁なライン変更のある産業における明確なメリットです。この種の用途では、キャップ間の長い休止状態を認識し、機械のオペレータに詰まりを知らせるために、光ファイバセンサが使用されています。ファイバはコンパクトであるため、スペースに限りがあり、通常、アクセスが困難な場所でも、簡単に取り付けることができます。

  45. 組み立てラインでの近接近エラー防止

    バナーのQ4Xアナログセンサは、オペレータにリアルタイムの測定フィードバックを送り、次のオペレーションに進む前に部品の有無と正しく配置されていることを確認します。この用途では、最終アセンブリで正しくフィットするように、溶接ナット周りの両フランジが正しく配置されていることが重要となります。Q4Xのアナログ測定は、両フランジが適切に配置されているかどうかを判定することができます。

  46. ピッキングの指示と確認

    部品のラックに取り付けられた押しボタン式EZ-LIGHT K50ピッキングセンサは、点灯により、ピッキングの部品を示します。作業員は部品をピッキングした後、表示灯のボタンを押してピッキングが完了したことを確認します。

  47. 部品のワイヤレス要請コール

    各生産オペレータには、トグルスイッチと、ドライ接点入力によるワイヤレスQ45センサが装備されています。 ゲートウェイは、複数のK50 EZ-LIGHT付きの大型のレーンステータスディスプレイボードに接続されています。 生産オペレータに各種サプライが必要となると、オペレータはワイヤレスQ45に接続されたスイッチを切り替えます。 ディスプレイボード上の対応するK50 EZ-LIGHTライトが点灯し、必要とされるフォークリフトドライバーに伝えることができます。

  48. ピッキングシステムによる生産エラーの軽減

    ドアパネルを世界的な自動車製造会社に提供するサプライヤは、組立時の誤った部品の選択によるエラーやロストタイムを少なくするピッキングシステムの導入を希望していました。

  49. ピッキングシステムによる生産の改善

    バナーワイヤレスソリューションによって、在庫の最適化、エラーの低減、および無駄の縮小を簡単に行えます。I/Oマッピング付きの各SureCrossパフォーマンスノードには、最大6つのEZ-LIGHTオペレータ表示灯を取り付けられます。SureCrossゲートウェイは、便宜上、メンテナンス担当者と管理者が現場全体の部品の消耗状況を監視できる中心の位置に配置されています。

  50. 重量検査ステーションにおける合格/不合格ステータスの表示

    過酷な洗浄環境にある食品加工ラインの重量検査ステーションで不合格ステータスをオペレータに警告します。

  51. ホッパーおよび充填ステーションでの黒いプラスチック製トレイの検出

    食品産業のホッパーと充填ステーションでQ4Xがどのように黒色のトレイを検出するのかご紹介します。

  52. 加工冷凍食品の折ぶたの検出

    QS18LDレーザー反射センサは、包装材の上部をスキャンし、折ぶたが開いていないかどうかを確認します。レーザー反射センサは、正確に検出を行い、加工冷凍食品が正しく密封されているかどうかを確認します。

  53. 食品用カートンの日付/ロット番号の確認

    バナーの頑丈なPresencePLUS P4 Sealed OMNIビジョンセンサは、光学文字確認 (OCV) 検査を使用して、日付とロット番号が正しく読み取りとれるように印刷されていることを確認するため、日付/ロット番号に使用することができます。IP68等級のハウジングの使用により、過酷な洗浄環境に耐えられるため、センサは食品や飲料品用途に最適です。P4 OMNIセンサは、ボックスの端を確認することによって、日付/ロット番号を検査する必要のあるカートンマガジンの領域を簡単に特定することができます。Wi