工業用バーコードの読み取り

バーコードを正確に読み取り検証することで、検査を自動化し、サプライチェーンを通じて製品のトラッキング/トレースが可能になります。バナーでは、データマトリックス (ECC 200) バーコード、QRコード (QRおよびMicro QR)、線形バーコード:Code128、Code39、CODABAR、Interleaved 2 of 5、EAN13、EAN8、UPCE、Postnet、IMB、Pharmacode、およびPDF-417に対応した工業用バーコードリーダーの完全なラインナップを提供しています。1次元/2次元バーコードの読み取り、光学文字認識 (OCR)、光学文字検証 (OCV)、バーコード品質グレードについての当社のノウハウをいかすことで、検査の自動化を容易にし、プロセス制御に役立つリアルタイムデータを得ることができます。 

結果を絞り込む

フィルタをすべて解除

製品タイプ

  • (4)
  • (12)

産業

  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (2)

Back To Top

選択されたフィルタ
  1. バーコードの有無と回転

    ある大手医薬品メーカーでは多様な医療製品を製造しています。そのうち多くの製品は、シールされたパウチに個別包装されます。各パウチ袋には製品を識別するための1次元バーコードが付いています。この製品を出荷する前に、パウチ袋に正しいバーコードが記載されていること、ヒートシールのために正しい向きになっていることを確認する必要があります。

  2. UVバーコードでトレーサビリティを確保 [成功事例]

    ある自動車サンバイザーメーカーは、自動車ブランドの組み立て業者に製品を出荷する前に、すべてのサンバイザーの安全ラベルにデータマトリックスUVバーコードが印字されているか確認する必要があります。さらに、見えない2次元データマトリックスバーコードを読み取って、そのデータをトレーサビリティ/エラー検査のためにイーサネットIPからPLCに送信したいという要望を持って、バナーに相談がありました。

  3. パレットのバーコード読み取り

    バーコードのスキャンおよび検証には、バナーのTCNM線形バーコードスキャナを推奨します。多くの一般的な線形バーコードシンボルを解読することができるこのスキャナは、製造ラインでの効果的なボトルの流れの維持に役立ちます。TCNMリニアセンサを使うと、正しい製品をリアルタイムで確認する作業を自動化できます。

  4. バーコードの読み取り

    パレットの荷積みが終わった後、iVu BCRバーコードリーダーでスキャンすることでパレットの準備が整ったことを確認します。それによってオペレータは、準備が整ったパレットの行き先となるトラックまたは倉庫を確認できます。iVu BCRバーコードリーダーによるパレットの確認が行われると、パレットは倉庫へ送られて保管されるか、あるいはトラックドックへ送られて発送されます。バナーエンジニアリングのiVu BCRバーコードリーダーは、データマトリックス、Code 128、Code 39、Codabarをはじめとする多種のバーコードを解読できます。

  5. 受領商品の追跡

    バナーのTCNM線形バーコードスキャナはパッケージに記載された最大10個の線形バーコードをすばやく簡単に読み取ることができ、物流センターでの効率的な商品の流れの維持および説明責任に役立ちます。スマートティーチ機能を持つTCNM線形バーコードスキャナは箱から取り出してすぐに使用することができます。スキャンレートは毎秒500~1,000スキャンです。この線形バーコードスキャナは、40~600 mmの距離でバーコードを読み取ります。

  6. 2次元バーコードの高速検査

    バナーのiVu Plus BCR Gen 2はリモートディスプレイ付きの使いやすいバーコード読み取りソリューションで、製品のラベルの確認に使用します。iVu Plus BCR Gen 2モデルでは、フル分解能が必要な小さいバーコードを読み取るための精密検出モードと、スピードが求められる用途向けの粗検出モードの2つのモードを使用できます。

  7. 2種類の工業用バーコードの検証

    線形バーコードと2次元バーコードの両方が記載された薬品瓶ラベル。PresencePLUS P4 BCRは2つのコードを同時に読み取り、正しいか検証します。

  8. 携帯電話部品の工業用バーコードの検証

    PresencePLUS P4 BCR工業用バーコードスキャナは、携帯電話部品に貼られた小さい2次元バーコードを読み取って検証します。

  9. 医薬品の製品IDとロットの管理

    バーコードリーダーツールを備えたProは、医薬製品を識別および追跡することで連邦規制への適合性を強化します。

  10. 透明ラベルの工業用バーコードの検証

    低コントラスト環境でバーコードを検出するための最適なソリューションとして考えられるのは、UVリングライトを備えたiVuおよびiVu Plusです。iVuはUV照明と組み合わせて一体型のソリューションを形成し、透明なラベルのコントラストを改善してバーコードを検出しやすくします。iVu UVビジョンセンサでは2次元のエリア検査が可能で、この用途ではUV光電センサによるシングルポイント検査より高いコントラストが得られます。

  11. 金属部品の工業用バーコードの検証

    PresencePLUS P4 BCR工業用バーコードリーダーは、金属歯車に刻印された小さい2次元バーコードを検出および検証し、製造工程中および現場で追跡できるようにします。

  12. 工業用インテリジェントメールバーコードの読み取り

    IMB技術はPOSTNETおよびPLANETバーコードをひとつのバーコードに統一したもので、郵送過程の中でのエンドツーエンドの視認性を高める目的で作られました。このような郵送用途でiVu BCRを使用することで、ダイレクトメール業者は複数の小さい仕分け工程を大きい工程にまとめることができます。工程を監視する作業員は、iVu BCRに付いているディスプレイまたはリモート接続されているディスプレイで製造ラインでのセンサの動作状態を即座に確認できます。

  13. ロボットセルでの工業用バーコード検査

    バーコード検査プロセスの設定や監視のためにロボットの動作を停止するのは難しく、コストもかかることから、リモートディスプレイ付きのiVuバーコードリーダーを設置します。リモートディスプレイはセンサから最大で16 m (50フィート) 離れた場所に取り付けることができ、機械オペレータはロボットの動作を止めることなく検査プロセスの設定、リモート監視、トラブルの対処を行えます。

  14. 刻印された工業用2次元バーコードの検証

    PresencePLUS Proバーコードリーダーは、金属部品に刻印された2次元バーコードを検出し、検証します。多岐に渡るバーコードに対応しているだけでなく、見えにくいコードも検出できます。

  15. ひとつの部品にある2種類のバーコードを検証

    部品のトラッキングには、線形バーコードと2次元バーコードの両方が使用されることがあります。高分解能のPresencePLUS P4 BCR 1.3は2つのコードを同時に読み取り、正しいか検証します。

  16. パレットのバーコード確認

    飲料品充填産業では、出荷先が複数ある場合にバーコード技術が多くのメリットをもたらします。シュリンク包装されたパレットなどの輸送物にバーコードのラベルを貼っておけば、どの製品があり出荷準備が完了しているのかを簡単に把握できます。その際、シュリンク包装された最終製品に正しいラベルが付けられているか、内容物が一致しているかを確認するためのセンシングソリューションが必要になります。

  17. ビジョンセンサでQRコードを読み取る [成功事例]

    エンジンとトランスミッションは先に組み立てラインで連結されてから車体に取り付けられます。その際、作業員がハンディタイプのバーコードリーダーを使って各トランスミッションのQAコードをスキャンします。コードは小さく、そのためクワイエットゾーンも非常に小さくなっており、その中に多くの情報が高密度で埋め込まれています。さらに、バーコードリーダーの検出距離は限られています。このようにさまざまな要因からQAコードのスキャンは容易ではなく、組み立て工程にかかる時間が長くなるとともに労働力もとられます。