バーコードの読み取り

バーコードの読み取り

用途:パレット貨物を識別し、出荷準備が完了したことを確認

課題:異なる種類のバーコードが使用される

解決法:バナーエンジニアリングのiVuバーコードリーダー

メリット:データマトリックスを含む多様なコードの解読が可能

パレットが荷積みされてシュリンク包装されると、バーコードが記載された発送ラベルが貼られます。このバーコードはパレット貨物を識別し、パレットの出荷準備が完了したことをWMSシステムに知らせる働きをします。

説明

パレットの荷積みが終わった後、iVu BCRバーコードリーダーでスキャンすることでパレットの準備が整ったことを確認します。それによってオペレータは、準備が整ったパレットの行き先となるトラックまたは倉庫を確認できます。

iVu BCRバーコードリーダーによるパレットの確認が行われると、パレットは倉庫へ送られて保管されるか、あるいはトラックドックへ送られて発送されます。

バナーエンジニアリングのiVu BCRバーコードリーダーは、データマトリックス、Code 128、Code 39、Codabarをはじめとする多種のバーコードを解読できます。バーコードリーダーの設置、画像の取り込み、検査パラメータの設定を行うだけで、簡単にセットアップを行えます。iVuバーコードリーダーにはコンパクトで頑丈なハウジングがあり、赤、白または赤外線のリングライトを装備した仕様もあります。

この記事で取り上げられた製品

iVu BCRシリーズ バーコードリーダー
iVu BCRシリーズ バーコードリーダー

iVu BCRは、高度なバーコード読み取り機能に使いやすさを備え、広範なレンズと照明オプションとともに提供されています。

さらに読む