測定とレベル監視

タンクやその他の貯蔵容器から得る正確な充填レベルのデータにアクセスすることは、在庫の管理、内容物の安全確保、および品質と安全性の保証を実現する上で不可欠です。内容物や容器だけでなく場所や環境条件がさまざまであることから、これらのアセットから得るデータの精度と時宜性が困難になり、値に影響を与えてしまいます。充填レベルの測定と監視を行うバナーソリューションは、多様な検出技術で用意されており、それぞれのユニークなターゲットの検出を最適化できます。バナーのワイヤレス製品と組み合わせて使用することで、これらのソリューションは、アクセスが困難な離れた場所に配備されたアセットのデータを正確にリアルタイムで提供することができます。

結果を絞り込む

全フィルタを解除する

製品タイプ

  • (27)
  • (4)
  • (19)

産業

  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (9)
  • (7)

Back To Top

選択されたフィルタ
  1. 移動式ドラム内の液体の充填レベルの監視

    K50Uワイヤレス超音波センサは、非接触式レベル監視ソリューションとして特別に設計されました。補充中にドラム内のエポキシのレベルを監視すると、潜在的なオーバーフローが問題へと発展する前に、スタッフにアラートが送信されます。

  2. 液体レベルの監視

    バナーのU-GAGE QT50U超音波アナログ長距離センサは、タンクの壁面に干渉されることなく、タンクなどのスペースに限りのある場所で機能し、最大8 mの拡張範囲で検出する狭幅検出ビームを使用しています。超音波センサは、余分な液体をポンプで抜き出し、追加の液体をポンプで注入するタイミングを通知しながら、干渉なくビームがタンク上に広がり、液体レベルを検出できるように中央に取り付けられます。

  3. 容器内の液体の検出

    バナーは、高い過剰ゲインを提供するWORLD-BEAM QS30透過モードセンサの技術と、水の吸収体に特別に調整された1450 nm赤外線検出ビームを合わせ、QS30H2O水中センサを作りました。この用途では、QS30H2Oの強力な検出ビームは、容器の不透明なプラスチックを透過してしまいます。1450 nmでは、水は別の波長のエネルギーの1000倍を吸収し、ビームが容器内の液体を透過するのを防止できます。

  4. コンベアベルトの摩耗パターンの測定 [成功事例]

    エレベーター、エスカレーター、および可動式歩道は、いかなる施設のインフラストラクチャにおいても多大な投資です。この設備は、長年にわたり、メンテナンスにおける最小限のダウンタイムによって、安全で確実に稼働することが期待されています。この期待に応えるために、バーティカル移送とコンベア移送設備の大規模製造メーカーは、すべてのシステムコンポーネントに対して厳しい試験を実施しています。収集されるデータは、会社がコンポーネントの寿命を予測し、サービスのスケジュールを計画するために役立ちます。

  5. ボトルの充填レベルの検出

    Q4Xアナログセンサは、トリガモードでセットアップされており、平均化機能を使用して、より一定した充填レベルの測定を行います。出力ワイヤがQ4Xのリモート入力ワイヤに接続されたバナーのQ3Xセンサは、錠剤ボトルの前縁を検出するために使用されるもので、Q4Xの測定のタイミングと期間を判定するために、コンベアの速度に基づくワンショット出力タイマが設定されています。

  6. 小型コネクタの点検 [成功事例]

    自動車用品製造メーカーは、多様な車両システムを生産しています。座席システムには、構造とデザインに快適性と安全性を強化する特徴が取り入れられています。座席の下部に設置される重量センサは、車両の安全システムと連携して座席占有者のサイズと位置を判別します。事故が発生した場合にエアバックを作動させるかまたはどのように作動させるかという判断を左右するのが、こういった要因です。

  7. シートメタルの厚み測定

    LHレーザー変位センサは、精度が高くミクロンレベルで厚みを測定するため、完璧なソリューションです。また、L-GAGE LHシリーズは継続的にミクロンレベルで暗色系のターゲットを見ています。LHの1024ピクセルCMOSリニア画像装置は、1~10ミクロンの範囲でマイクロメートルレベルの解像度を発揮できるため、シートメタルの厚みを素早く正確に測定することができます。

  8. 洗浄環境のレベル監視

    バナーのU-GAGE QT50U超音波センサは、一貫性やコントラストが異なる場合でも、固い表面に反射して、最も困難なレベル用途で性能を発揮します。センサには、テフロン加工のトランスデューサカバーが付いており、過酷な化学薬品に耐えることができるため、食品や飲料品産業に最適です。超音波センサは、信号を連続的に送信して現在のタンクの深さを測定することで、ポンプ制御のタンクを正確に監視できます。

  9. ロータリーフィラーシステムのレベル監視

    バナーのSureCrossワイヤレスシステムは、温度、圧力、および充填レベルを簡単にローカルPLCに送信できます。オペレータは、ボトル詰めが求められる充填レベルより低い状態である場合に、ワイヤレスシステムからシームレスにアラートを受け取ります。このため、エラーを防止し、ボトル詰めされた飲料の一貫性がより高くなります。充填レベルが一貫していれば、回収は行われません。つまり、無駄な商品が生まれないということです。ワイヤレスシステムを使用すると、ロータリーフィラーでスリップリングを使用する必要性もなくなるため、その分メンテナンス費用が削減されます。

  10. データンクレベルの監視

    ワイヤレスレベル監視を使用して、データンクの充填レベルを継続的に監視し、材料を特定の量で維持できるようになりました。こういったタンクはゆっくりと充填するか減っていくため、誤って読み取ることなく、もしくはタンクの壁が干渉することなく、超音波センサを使ってタンクレベルを測定することができます。SureCrossワイヤレスネットワークにより、電源またはI/Oデータ送信用にケーブルを配線せずに、各タンクにFlexPower™ノードを配備することができます。バナーには特有の電源管理機能が備わっているため、1つのDX81バッテリ電源で、T30UF超音波アナログレベルセンサが搭載されたノードを長期間に渡り稼働することができます。離れた場所にあるタンクセンサの読み取り値は、データ追跡、メールアラート送信、またはタンクの充填などの特定イベントのトリガを実施するために、ホストシステムに転送することができます。タンクリソースは、顧客が定義するレベルを維持するために、必要に応じてのみ充填されます。補充が必要でないタンクにルーチンの補充作業を行って時間を無駄にすることがありません。

  11. 可動範囲を測定するセンサ

    組み立て時、座席の高さの調整、前進および後退の動き、および正位置とリクライニングの動きを測定するために、検査が行われます。それぞれの検査には、2つのセンサが使用されます。センサはコンベヤラインの外に配備されており、座席への簡単なアクセスと座席の自由な動きが確保されています。検査中、最大可動範囲において、座席はセンサから最大1メートル離れることがあります。

  12. カートンのスタック高さ

    一杯または空のマガジンをティーチするには、Q4Xアナログレーザー測定センサの2ポイントティーチオプションを使用します。出力の詳細なチューニングには手動調整を使用できます。アナログ出力は、スタック高さのリアルタイム計測を提供します。このため、カートナーには、手作業でセンサを移動せずに、複数の「部品要請」セットポイントを指定できます。Q4Xは堅牢で頑丈なステンレス鋼製センサで、多くの産業・工場環境での使用に最適です。

  13. リサイクル施設における可燃液体レベルの監視

    CID1ハウジングに格納されたバナーのDX99 900 MHz無線とB/Wプロスティック磁歪レベル装置によって、別のデータ収集ソリューションを作ることができます。適切なアンテナバリアを使用すると、施設内の任意の場所にリアルタイムのデータを提供する、クラス1区分1のワイヤレス監視ソリューションになります。バッテリ駆動のDX99ユニットとループ駆動のプロスティックを使用すれば、8インチフランジ付きタンクへの設置はわずか数分で完了です。

  14. ケーススタッカーの在庫と存在の検出

    アナログ設定の2ポイントティーチオプションを使うと、フラットケースの前面を20 mAポイントとしてティーチし、4 mAの手動設定に対してケースの終端に簡単に調整できます。これにより、フラットケースの残数を計測し、ケース数が少なくなってきた場合にケースを追加することができます。存在検出にはデジタル出力も使用できます。これは、ピックアップできるケースがあることと、一度に1つのボックスのみがピックアップされることも確実にすることができます。

  15. 充填レベルのリモートインジケータ

    ある工場直営パブでは、EZ-LIGHT表示灯を、醸造タンクレベルのステータスのリモートディスプレイとして使用しています。インジケータは、簡単に監視できないタンクの中にある超音波センサに接続されています。

  16. 海水処理タンクの監視

    ガス田におけるタンクレベルの自動監視と汲み出しの自動制御により、ヒューマンエラーをなくし、多額の流出をより素早く防止することができます。一連の海水タンクが満杯になると、タンクバッテリからフィールドポンプに信号がワイヤレス送信され、ガス田をシャットダウンします。タンクバッテリとポンプが数マイル離れた場所にある場合、バナーのマルチホップ無線を最適なソリューションとして使用できます。

  17. 危険または過酷な条件における石油貯蔵施設のワイヤレス監視

    SureCrossワイヤレスネットワークにより、電源またはI/Oデータ送信用にケーブルを配線せずに、各タンクにFlexPowerノードを配備することができます。バナーには特有の電源管理機能が備わっているため、1つのDX81バッテリ電源で、加圧センサが搭載されたノードを長期間に渡り稼働することができます。

  18. 一定した生地の高さ測定 [成功事例]

    この会社が持つ多数の人気朝食シリアルの1つに使用される生地は、完璧なフレークに仕上がるように、特定の範囲内の高さパラメータを保持している必要があります。粘度の高すぎる生地は、焼き上がりが固く、消化しにくくなります、逆に粘度が低すぎると、砕けやすくなります。これは最終製品の品質、味、および舌ざわりだけでなく、製品の重量と包装にも影響を与えます。同社の厳しい品質基準を満たさない製品は、消費者市場向けに出荷もしくは販売されません。

  19. 危険または過酷な条件におけるワイヤレスタンクレベル分析

    バナーのSureCross DX99ワイヤレスFlexPowerノードは、本質安全作業が必要な設置において、クラスI、II、およびIII、区分1およびゾーン0認定を提供します。SureCrossワイヤレスネットワークにより、電源またはI/Oデータ送信用にケーブルを配線せずに、各タンクにFlexPowerノードを配備することができます。バナーには特有の電源管理機能が備わっているため、1つのDX81バッテリ電源で、加圧センサが搭載されたノードを長期間に渡り稼働することができます。

  20. タンクレベル、圧力、および温度の監視

    ロータリーフィラーのレベル、圧力、および温度をワイヤレスに監視して報告するために、それぞれのロータリーフィラーにFlexPowerノードとDX81P6 6パックのバッテリー電源を搭載しました。FlexPowerノードには、2つの0-20 mAアナログ入力と1つのサーミスタ入力が備わっており、1年以上の間、バッテリパックによってノードとセンサへの電源を供給しました。レベルプローブ、圧力送信器、およびサーミスタ (非バナー提供品) は、FlexPowerノードに接続され、ロータリータンク内に設置されました。

  21. ホッパー内の乾燥材料の充填レベル

    ホッパーの上部に取り付けられたL-GAGE LT3レーザー距離測定センサは、材料の不規則な表面までの距離を測定するため、PLCはビンの充填レベルを計算することができます。

  22. ポンプパネルステータスの表示

    EZ-LIGHT TL50タワーライトといったバナーのタワーライトソリューションは、ポンプのステータスを簡単に伝達するために、ポンプパネルの上部に取り付けることができます。照明タワーの可視性は非常に高いため、従業員はパネルドアを開かずに、パネルを素早く確認することができます。複数の照明を同時に点灯できるため、一度に複数のメッセージを示すことができ、ブザーを使用したアラートにより、ポンプの過熱状態や即時対応の必要性を示すことができます。

  23. ワイヤレスネットワークを使用した貯蔵タンクの監視

    ワイヤレスネットワークに接続されたセンサが、貯蔵タンク内の液体レベルを監視します。タンクでは120V AC電源のみを利用できるため、利用できるライン電源をSureCrossワイヤレスネットワークによって変換します。天候に対する耐性を備えたSureCross装置は、さまざまな環境要素から保護されており、時間のかかるメンテナンスの手間を省くことができます。

  24. 液体洗剤のレベルの検出

    WORLD-BEAM QS18U超音波センサは、洗車機のタンク内の洗剤のレベルを監視します。センサはタンクの上部に取り付けられており、透明な上部に向けられています。音波は、液体の表面から跳ね返されます。

  25. 丸太の測定

    この用途では、EZ-ARRAY測定ライトスクリーンを使用して、丸太の長さを測定しています。EZ-ARRAYは、丸太が遮るビームの合計数を判定し、MODBUS RTU-485出力の形態で、システムコントローラに情報を送信することによって、丸太の長さをオペレータステーションに通信します。オペレータステーションのコントローラは、オペレータにいくつかのオプションを提供し、オペレータはどのような切断処理を行うかを選択します。

  26. 事前認定済み施設におけるワイヤレス監視の改良

    FlexPowerを備えたSureCrossノードとバナーのU-GAGE QT50Uアナログセンサは、新たに構築や配線を行わずに監視要件を素早く簡単に実装できます。FlexPowerノードはセンサデータをゲートウェイ装置に送信します。ゲートウェイProを使用する場合、データはログ記録され、液体レベルが深刻なレベルに達するとアラートを送信することができます。

  27. 危険または過酷な条件におけるワイヤレス水処理監視

    ほとんどの汚水施設では、電力供給やデータ送信を行うための配線がなされていません。SureCrossワイヤレスネットワークを使用すると、電源またはI/Oデータ送信用にケーブルを配線せずに、各汚物集合ユニットにFlexPowerノードを配備することができます。バナーには特有の電源管理機能が備わっているため、1つのDX81バッテリ電源で、超音波アナログレベルセンサが搭載されたノードを長期間に渡り稼働することができます。

  28. 焼成されたパンの高さの測定 [成功事例]

    数々のステージに分かれるベーカリーのベーキングプロセスは、混合から始まり、練り上げと一次発酵を経て、二次発酵、焼成、そして冷却で完了します。各ステージにおいて、経験豊かなパン職人が、外観、質感、サイズ、および重量に関する品質検査を行います。工場の標準を満たさないローフは、消費者への販売から除外されます。工場には、資源の管理と品質標準の維持を改善できる組み込みシステムが必要でした。

  29. 長距離位置検出

    ある倉庫で、飛行時間型L-GAGE LT7レーザーセンサは、センサから最大250 m離れた取得シャトルの位置を計測します。

  30. 長距離特徴検出

    時折、ワークステーションとコンベアに、検出しようとしている素材の近くにセンサを取り付けられるスペースがない場合があります。こういったシナリオでは、長距離から小さなアイテムを検出できるソリューションが必要です。

  31. 石油貯蔵施設の監視

    SureCrossワイヤレスネットワークにより、電源またはI/Oデータ送信用にケーブルを配線せずに、各タンクにFlexPowerノードを配備することができます。バナーには特有の電源管理機能が備わっているため、1つのDX81バッテリ電源で、超音波アナログレベルセンサが搭載されたノードを長期間に渡り稼働することができます。DX80 FlexPowerノードは、ディスクリートおよびアナログのI/Oを単一のパッケージに合わせ、時間のかかる手作業によるデータ収集作業を排除します。

  32. 用水、汚水、およびタンクのワイヤレス監視

    ほとんどの汚水施設または石油貯蔵施設では、電力供給やデータ送信を行うための配線がなされていません。SureCrossワイヤレスノードと圧力または超音波センサは、重要な貯蔵タンクレベルを正確に監視し、リモート管理センターのSureCrossゲートウェイにデータを送信することができます。充填レベル、pH、伝導性、温度、またはフローといった複数のデータポイントの監視は、4つのアナログ入力を備えた1つのFlexPowerノードを使用して簡略化することができます。

  33. ベーカリーの正確な材料計量 [成功事例]

    ベーキングは、創造性、精密、および細部への注意が融合した作業です。ウィルキンソンベーキングカンパニーは、その融合に技術的な革新を加えました。ウィルキンソンパン焼き機は、小型の完全アンプ内蔵型全自動パン焼き機です。このユニークな機械には、技術に、1時間に40斤の速さで単純な原材料から焼きたてのパンを作り出す伝統が組み合わせられています。

  34. 成型タンク内の液体レベル制御

    セラミック成型を作成するには、水溶液に懸濁しているセラミックファイバに真空を適用します。ファイバがフロートに付着して稼働できなくなるため、浮選機構はレベル制御には非効果的です。代わりに、生産ラインの背後に電源と24ボルトDCリレーをNEMA 12エンクロージャに格納した、ポンプ入出論理を使ったT30 UHPA超音波センサを使用します。センサは各シフトの最後に行われる洗浄の影響を受けません。

  35. 湖水レベル監視システムの改良

    サウスカロライナ州モンクスコーナーにある既存の湖水レベル測定システムは老朽化が進み、より新しい技術に更新する必要がありました。ところが、新しいコンポーネントでは、ダムの上流からダム管理室までの約4分の1マイル離れた場所までデータ送信用のワイヤを敷かなくてよいように、ワイヤレス技術を使用する必要がありました。

  36. 給水塔のレベル監視とポンプ制御

    FlexPower™ノードに接続された水中圧力センサとフロートスイッチは、給水塔レベルの継続監視を行い、ポンプ近くに取り付けられたゲートウェイにデータをワイヤレス送信します。

  37. 調整池の水位の監視

    大型の施設には、広く分散した土地にいくつかの流出水用調整池が設けられていることがあります。ワイヤレス監視システムを使用することで、それぞれの調整池に赴いて推移を監視する必要性がなくなります。

  38. 最終処分場の浸出液と孔の監視

    カウンタ入力と水中圧力センサ/送信器が備わった1つのFlexPower™ ノードを使って、浸出液のレベルとポンプの両方を確実に監視することができます。水中圧力送信器は、カウンタが浸出液の排出に使用されたポンプのストローク数を数えながら、浸出液のレベルを監視します。

  39. 太陽光電力駆動の中継機システムを使ったポンプ制御

    1Rマッピングオプションを使用したパフォーマンスマッピング (PM2) ゲートウェイと2つのPM2ノード (900 MHz、1 Wモデル) は、貯蔵タンクからポンプステーションまで信号を送信します。ノードの1つは、フロートスイッチを入力として、貯蔵タンクにインストールされました。 フロートスイッチとノードの電源にはソーラーパネルが使用されました。同様にソーラーパネルから電力を得るゲートウェイは、丘陵の向こう側に中継器として設置され、貯蔵タンクとポンプステーション間の強い信号が確保されました。2つ目のノードは、ポンプステーションのPLCにワイヤ接続されました。フロートスイッチからの信号が貯蔵タンクレベルが低いことを示すと、ポンプが作動しました。

  40. トルティーヤ生地の高さの監視 [成功事例]

    トルティーヤやトスタダといった伝統的なメキシコ料理のアメリカ国内製造メーカーは、最高の味と最も新鮮な商品を消費者に提供し続けています。この目標を達成するには、包装ラインの一貫性が重要です。同社は、トルティーヤの不均一性を無くす方法を求めていました。生産ラインで生地の厚みを継続的に監視する方法がなかったため、生地の高さが高すぎたり低すぎたりし、結果的にトルティーヤのサイズと重量にばらつきが出ていました。トルティーヤの包装が重量不足であれば、廃棄する必要があります。無駄をなくして商品の一貫性を改善するために、同社はバナーの協力を得て、監視ソリューションを探しました。

  41. 埋立地における汚水管理

    さまざまなシステムを十分に考慮した末、埋め立て地のオペレータは、強制的なすべての標準を満たし、埋め立て地に配備済みのほかの装置と円滑に共存できる唯一のソリューションがバナーのワイヤレスシステムであるとの結論に達しました。インテグレータであるウィルソンモール社の力を借り、地下からデータを取得して、エンドユーザーの机上でアクセスできるようにするシステムを構築することができました。それぞれの穴の上に設置された1つのバッテリ駆動ノードから、無線と超音波アナログレベルセンサへの電力を得ています。各ノードには特殊な低電力4-20 mAアナログレベルセンサが備わっており、1つの10-30V DC駆動ゲートウェイでシステムが管理されます。データ無線とModbusマスターコントローラモジュールがデータの移植性を強化し、全方向式アンテナによって、ゲートウェイとノード間の通信の範囲を丘陵上と埋め立て地全体に拡張しています。長距離に渡るケーブル配線は、最新の電力管理機能と内蔵バッテリにより不要となり、設置にかかる費用の大幅な削減に貢献しています。ワイヤレス装置には、完全シャットダウンの前にアラームを送信する診断プロパティが内蔵されているため、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。また、完全に拡張可能であるため、オペレータが地下穴を埋めて新しい穴を作るたびにシステムを適応させることもできます。

  42. 充填レベルの非接触確認

    バナーのQS30H2Oセンサは、水や水ベースの液体の存在を検知する際の課題に対処するために特別に設計されたセンサです。QS30H20は、スルービーム検出モードで動作し、投光器は水を貫通しないように調整された波長を使用します。センサの高い過剰ゲインによって、さまざまな種類のプラスチック容器とガラス容器を透視できる程度に強力なセンサです。2つのセンサのセットを使用して、充填レベルが最小限に達していても、過充填ではないことを判定できるため、製品が無駄になりません。開口部を受光器の終端に配置することで、ビームパターンを最小限に抑え、用途の精度を向上することができます。このため、充填レベルの基準を満たしていない製品が処理または出荷されることが防止されます。

  43. 大容量ホッパーの内容物レベルの監視

    バナーのLTFシリーズレーザー測定センサには、高い過剰ゲイン、優れた信号制御、および自動適応レーザー出力制御が備わっています。これらの機能によって、最大12メートル離れた場所から、ホッパー内の色や反射面に関係なく、チューインガムを確実に検出することができます。

  44. タイヤ生産時の光沢のある黒いトレッドゴムのループ制御

    LTFシリーズ レーザー測定センサは、距離に対する優れた精度を備えており、ターゲットの色や反射性による影響を受けないため、トレッドゴムのループを監視するためのソリューションに最適です。高い過剰ゲイン、優れた信号制御、および自動適応レーザー出力制御が備わっています。こういった機能を合わせることで、黒く反射性のある困難なターゲットを遠くから斜めに、確実に検出することができます。

  45. 離れた場所からの車両ドアの部品の有無および位置の確認

    LTFシリーズ レーザー測定センサは、最大24メートルの検出範囲をサポートしており、角度から物体を検出できるため、検査エリアから離れた、設備と接触しない場所や危険にさらされていない場所にセンサを設置することができます。

  46. デネスターのプラスチックトレイレベルの監視

    デネスターのトレイレベルの追跡によって、製品が適時に補充され、生産に影響を及ぼさないようにすることができます。

  47. タンクレベルの監視

    K50U超音波センサとQ45UワイヤレスノードをDXM100ワイヤレスコントローラとセットで使用することで、セットアップも結果の分析も容易に行え、ローカルまたはクラウドベースシステムによる監視が可能な、複数のタンクレベル測定用のワイヤレス監視システムを開発できます。