カートンのスタック高さ

カートンのスタック高さの画像

用途:カートンのスタック高さを監視

課題:頻繁な製品転換

解決法:Q4X レーザー距離センサ

メリット:広範な種類の材料を検出

カートンブランクは、成型に進めるように積み重なっており、カートン内には食品トレイが挿入されています。スタックが空でなく、ダウンタイムを未然に防げるように、マガジン内のカートンブランクのスタック高さを監視できる正確なセンサが必要です。転換中のセットアップ時間や介入を減らせるように、頻繁な製品転換によるカートンサイズや機械の速度の変化に対応できるスマートセンサが求められています。

説明

一杯または空のマガジンをティーチするには、Q4Xアナログレーザー測定センサの2ポイントティーチオプションを使用します。出力の詳細なチューニングには手動調整を使用できます。

アナログ出力は、スタック高さのリアルタイム計測を提供します。このため、カートナーには、手作業でセンサを移動せずに、複数の「部品要請」セットポイントを指定できます。

Q4Xは堅牢で頑丈なステンレス鋼製センサで、多くの産業・工場環境での使用に最適です。4文字表示のディスプレイにより、Q4Xは、アナログ (V または mA) または距離 (mm) の読み取り値をリアルタイムでユーザーにフィードバックします。

この記事で取り上げられた製品

Q4Xシリーズ 高耐性レーザー距離センサー
Q4Xシリーズ 高耐性レーザー距離センサー

頑丈なQ4Xレーザー距離センサは多数の困難な用途を解決でき、FDA食品等級のステンレス鋼ハウジング格納により、耐性の高いIP69K等級を提供します。

さらに読む
Q4Xシリーズ 高耐性多目的光電センサ
Q4Xシリーズ 高耐性多目的光電センサ

この光電センサは多数の困難な用途を解決でき、FDA食品等級のステンレス鋼ケース格納により、耐性の高いIP69K等級を提供します。

さらに読む

関連分野