パン生地の高さ検査

Q50-L-GAGE-Dough-Height-Inspection

課題

製品のサイズと形状の一貫性は、製パン所の用途では重要です。大量出荷用にパンを焼く場合、塊ごとに大きさのばらつきがあると、製品を効率的に詰め込んで焼き印を押すことが困難になります。焼き作業プロセスの各段階は、生地の形状、質感、またはサイズを変えるので、塊が不規則な大きさや形状になるという潜在的リスクが存在します。

この例では、生地が成形機によって等しくサイズ分けされ、最初の発酵 (生地がふくらむ時に生じるプロセス) を受け、空気泡を除去して生地を正しい長さに成形するために広げられました。

解決策

バナーのL-GAGE Q50 (Q50) LEDベースの線形変位レーザーセンサを使用して、最終発酵および焼き作業に先立って生地の高さおよび深さを検出することにより、パン職人は正確なパン生地の寸法を一貫して維持することができます。

Q50は光学的三角測量を使用して釜の中にある生地の深さと高さを検出します。費用対効果の高いQ50は、不規則な大きさの生地を2.5mmの変位で識別します。そうすることで、パン職人が不良品を排除および再利用でき、不均一な大きさの焼き上がりを防ぐことができます。パン職人は、以降のエラーを防ぐために、この時点で必要な調整を行うこともできます。

作業全体でレーザーのような性能のL-GAGE Q50を使用することにより、製造ラインの一貫性が保証され、大幅なコスト削減が実現します。さらに、L-GAGEにはポテンショメータの調整が不要な使いやすいTEACHモードのプログラミング機能があり、アナログまたはディスクリートモデルをご用意しています。

この記事で取り上げられた製品

Q50シリーズ LED測定センサ
Q50シリーズ LED測定センサ

レーザーのようなパフォーマンスにLEDの安全性と経済性を合わせたセンサ。ドライバルクのレベル測定、パッケージ充填、およびロール径測定に最適です。

さらに読む