品質管理の自動化

部品やコンポーネントに欠陥またはミスがあると、下流工程、生産効率、製品の品質に良くない影響が及ぶことがあります。一貫した高信頼性の検査を行うことで、メーカーは生産工程の早期の段階で潜在的な問題に気づき、製品や生産時間の損失を最小限に抑えることができます。バナーは広範なセンシング技術のノウハウをいかして、欠陥の検出、コンポーネントの測定、許容誤差の監視、属性の確認のための最適なソリューションを提供します。

結果を絞り込む

すべてをクリア

製品タイプ

  • (17)
  • (1)
  • (47)
  • (1)

産業

  • (1)
  • (14)
  • (4)
  • (16)
  • (17)
  • (3)
  • (9)
  • (14)

Back To Top

選択されたフィルタ
  1. 車両のドアパネルの接着面の検出

    VEシリーズスマートカメラは、ビードツールを使用して各ドアパネルの接着剤の存在と均一性を検査します。カメラに搭載された広角2メガピクセルの撮像素子は、塗布された接着剤のわずかな不均一性も検出する能力を持っています。

  2. 黒のドアパネルの黒の部品を検出

    三角測量法をベースとしたバナーの問題解決型Q4Xレーザーセンサは、背景と対象物の高さが違っていれば、暗い背景で暗い色の対象物を問題なく検出できます。Q4Xはクラス最高の過剰ゲインを持つ高信頼性のセンシングソリューションで、色や反射性ではなく距離に基づいて合格/不合格を判断します。

  3. ボトルキャップの有無と高さの識別

    iVu Plus Gen 2ビジョンセンサとQ4XおよびLEDRBバックライトのセットは、信頼性のある結果が得られるソリューションを提供します。充填されたボトルがQ4Xセンサの横を通過するとiVuビジョンセンサがトリガされ、画像が1枚取り込まれて事前に保存してある適切な画像と比較されます。画像が一致する場合、キャップは正しく取り付けられていると判断され、ボトルは製造ラインに沿ってそのまま運ばれていきます。一方で画像が一致しない場合は、キャップが欠損しているかずれていると判断されて、不合格の出力が製造ラインに送信されてそのボトルははじかれます。バナーのRB LEDバックライトは検査プロセスに役立ちます。このライトを対象物のすぐ後ろに設置することでコントラストが生まれ、キャップの有無および高さの測定がスムーズに行えます。このライトにはパワフルなLEDが装備されており、広範囲に拡散される均一な明るさの光が照射します。

  4. ブリスターパックの検査

    各ブリスターを確認するために、エリア検査用に設定されたiVuシリーズセンサを使用します。ブリスターパックを検査して、各ブリスターに含まれる錠剤が破損していないか確認します。

  5. スタンピング加工された金属部品のマルチポイント検査

    小さい金属部品に所定数の穴があけられていることを確認するため、マルチポイント検査に対応したiVu Plus TG画像センサを複数の検査領域 (ROI) 用に設定して、穴があること、穴が正しい場所に打ち抜かれていることを確認します。iVuをエリア検査用にセットアップして、スタンピング加工部品の複数の箇所をスキャンし、特定の特徴または検査特徴の有無を確認します。

  6. ブリスターパックの錠剤充填、位置、形状の検査

    1台のVEシリーズスマートカメラを包装機の出口に置くことにより、複数列のブリスター包装シートを一度に検査できます。カメラは製造ラインの頭上およそ36 cmの所に設置され、LEDバックライトはラインの10 cm下に置かれます。

  7. キャップの向きの検出

    バナーQ3Xレーザー拡散型センサは、わずかなコントラストの変化で向きを検出することが求められる用途に最適です。このセンサには固定式の背景抑制機能が備わっており、特定の距離の対象物のみを認識して、セットポイントを超える対象物を無視することができます。この場合は、上部がセンサの方を向いているキャップを検出し、向いていないキャップは無視するようにQ3Xで設定します。そうすると、センサの方を向いているキャップが検出されたときに不合格の出力が送信され、そのキャップは不合格となり製造ラインから取り除かれます。Q3Xは300 mmまでの範囲で信頼性の高い検知性能を発揮し、高速の検出が可能です。毎秒2,000イベントまで捕捉できます。3桁アングルディスプレイの分かりやすい表示はセットアップに便利です。頑丈なニッケルめっき亜鉛ハウジングを持つこのセンサは、さまざまな液体を取り扱う環境での使用に適しています。

  8. 黒Oリングの検出

    高速な検出が求められる用途には、多用途に対応したバナーの頑丈なQ3Xレーザーコントラストセンサが最適です。部品がコンベア上を進んでいくとき、Q3Xはティーチされたコントラストの差に基づいてOリングの有無を検出します。Oリングがない場合、Q3Xは明るい信号レベルを認識し、PLCに出力を送信します。それによって欠陥を修正するか部品を製造ラインから取り除く必要性があることを作業員に知らせます。

  9. ねじ穴の検出

    従来のセンサでは、ねじ山の有無の検出が困難になる場合が多くあります。WORLD-BEAM QS30の細いレーザービームを使うと、最大で800 mmの距離からマニホールドの穴がねじ切りされているかどうかを検出できます。

  10. パンチ穴の検査

    まだ固定されていない小型金属部品に所定数の穴があけられていることを確認するため、モーションエリア用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。穴が打ちぬかれた後、センサによってすべての穴を評価し、穴が開いていること、穴の大きさが適切であることを確認します。そうでない場合、センサによって製造ラインに不合格の出力が送信され、その製品ははじかれます。

  11. 液体薬剤の検査に使用するLEDライト [成功事例]

    あるグローバルなヘルスケア製品会社では、ビジョンマシンを使って液体薬剤に入っている粒状物質を検出していました。そして、マシンでは必要とされるレベルでの汚染物質の検出ができなくなり、人による目視検査に移行することになりました。混入する粒状物質は極めて小さいことが多く、製品品質を効果的に確認できるように社内のワークステーションに明るく均一な照明を設ける必要がありました。

  12. 紙製包装容器上の商品ロゴの検査

    VEシリーズスマートカメラは、歯磨き粉チューブが挿入される前に、容器上のロゴを検査します。検査工程に流れてきた容器はライン上のセンサによって検出され、センサの出力をトリガとして受け取ったカメラが検査領域 (ROI) の画像を撮影します。商品ロゴと周囲のコントラストを向上させるため、カメラから電源供給を受ける赤色LEDのリングライトが使用されます。

  13. 日付/ロットコードの検査

    パッケージに日付/ロットコードが印刷されていることを確認するため、一致検査用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。まず、データ/ロットコードの画像が1枚捕捉されます。そして、検査中に日付/ロットコードが記載されていないパッケージが検出されると、センサから不合格の出力が製造ラインに送信され、その製品は取り除かれます。

  14. 食料品パッケージのラベル検査

    製造ラインを流れてくる箱が正しいか確認するため、iVuシリーズセンサは360度の回転に対応した一致検査用に設定されます。まず、正しい箱の画像が1枚捕捉されます。そして、それをもとにセンサが不適切な箱を検出すると、不合格の出力が製造ラインに送信され、その製品ははじかれます。

  15. ドリル穴の検査

    この用途には、エリア検査用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。穴が打ちぬかれた後、センサによってすべての穴を評価し、穴が開いていること、穴の大きさが適切であることを確認します。そうでない場合、センサによって製造ラインに不合格の出力が送信され、その製品ははじかれます。

  16. 箱の内容物の検出

    包装ライン上にiVuシリーズセンサを設置して、各ユニットに製品情報文書が入っていることを確認します。このセンサは一致検査用に設定されており、それぞれの医薬品のパッケージの中に製品情報文書が入っているか点検します。このとき文書の表が上に来ていれば、どの向きであっても構いません。このセンサは360度まで回転した文書を検出できます。

  17. バイアル栓の密封検査

    充填ステーションから搬出されたバイアルの栓が正しく差し込まれていることを確認するため、モーションエリア用途向けにセットアップされたiVu シリーズセンサが、バイアルの首に栓が差し込まれているか、栓の位置が正しい位置にありガラスバイアルがきちんと密封されているか検査します。栓がない場合や正しい位置にない場合、センサから製造ラインに不合格の出力が送信されます。

  18. 湿潤環境でのラベル検査

    密閉されたPresencePLUS Pro COLORビジョンセンサはエンクロージャに収納されており、湿潤環境でのダメージから守られます。このProセンサはラベルの有無と位置を点検する働きをします。

  19. ベアリング検査

    このソリューションでは、一致検査用に設定されたiVuシリーズセンサを用いて、ベアリングアセンブリを含む各コンポーネントにすべてのベアリングがあることを確認します。 1個または複数のベアリングが欠けていることをセンサが検出すると、製造ラインに不合格の出力が送信され、そのコンポーネントはラインからはじかれます。

  20. ラベル検査

    各製品を検査するために、iVuシリーズセンサは一致検査用に設定されます。まず、合格品の包装の画像が捕捉されます。そして、検査中にラベルがない包装や異なるラベルが検出されると、センサから製造ラインに不合格の出力が送信され、その製品ははじかれます。

  21. DF-G2によるウエハ中心検出

    バナーのDF-G2と4台の透過型PLIS-1光ファイバを使って、ウエハがロボットアームのエンドエフェクターに正しく取り付けられていることを確認し、チャンバー内に搬送されたときにウエハが損傷するのを防ぎます。ロボットアームがウエハをチャンバー内に入れるときに光ファイバビームが遮断され、いつ検知ビームが遮断されたかに基づいてアルゴリズムが正確なウエハ位置を計算します。バナーのDF-G2はレスポンスが早く、ウエハの中心をすばやく測定して検出します。

  22. エンジンブロック位置の検出

    パーツ位置確認プロセスにはバナーのLE550レーザーセンサが最適です。長距離からのパーツ位置確認の用途において、信頼性が高く極めて高精度の性能を発揮します。デジタル出力によって厚さ3 mmの対象物を測定し、固定クリップがあること、エンジンブロックが適切な場所にあることを確認します。

  23. 部品の向き

    この例は、振動フィーダーボウルから搬出されたナットが組み立て工程の次の作業へ運ばれているところです。ナットを用いた工程がスムーズに行われるように、すべてのナットは同じ向きに揃っていなければなりません。iVuシリーズのTG画像センサは、部品の向きを特定するのに必要な検査能力を備えています。一致検査用に設定されたこのセンサによって各ナットを参照画像と比較し、一致するかどうかを判断します。

  24. 過酷な環境での小型部品検査

    50 mmのCマウントレンズを持つバナーエンジニアリングのiVuビジョンセンサは、検出範囲をビールボトル検査領域に拡大しながら、信頼性の高いビジョン検査を実現します。センサは対象物から十分に離れた場所から、通気管およびスプレッダワッシャのゆるみや欠損の検出に必要な分解能を発揮します。エリアセンサとして設定されたiVu TGによって、通気管およびスプレッダワッシャーの有無および位置の検査が16 ms以内で行われます。

  25. はんだボール検査

    この用途では、集積回路を確認するために、モーションエリア用途に設定したiVuシリーズセンサを使用します。はんだボールが欠けているあるいは損傷している部品または異物が検出されると、センサから製造ラインに不合格の出力が送信されて、その部品ははじかれます。

  26. 医薬品の添付文書の確認

    iVu BCRセンサは、薬瓶とその添付文書が入れられた箱が並ぶコンベアの8~12インチ上方に設置します。iVu BCR産業用バーコードスキャナーによって添付文書に記載されたデータマトリックスコードが読み取られ、それが包装ラインの製品と一致しているか確認されます。不適切な添付文書が入っている箱や添付文書そのものが入っていない箱がiVu BCRの検査領域を通過すると、不合格の条件が検出され、製造ラインに出力アラームが送信されます。

  27. 包帯の欠陥検出

    iVu TGおよびiVu Plus TGは、材料を監視して品質基準を満たしていることを確認する用途に最適のセンサです。操作には使いやすいLCDフラットパネル型タッチスクリーンを使することができ、セットアップや製品の監視の際にはすぐにフィードバックが表示されます。エリアセンサ、マッチングセンサ、欠陥センサの3種類のセンサがあり、この用途には欠陥センサが最適です。

  28. ガラスバイアルの欠け検査

    このソリューションには、PresencePLUS P4 OMNI、標準の16 mmレンズ、同軸反射型LEDライトが使用されます。検査ファイルを作成するために使用した幾何学カウントツールが、画像全体で正常なバイアルのパターンをサーチします。このパターンは、バイアル開口部の内径および外径 (IDおよびOD) のエッジの輪郭を表すものです。バイアル内部の底からの反射を除去するためにマスクが使用されます。

  29. 不正開封防止バンドの位置と有無の検知

    マルチポイント検査機能を持つバナーのiVu TGビジョンセンサは、TE (不正開封防止) バンドの検出および位置評価に最適です。この例では、TEバンドはキャップとボトルの首部分の両方を覆う位置になければなりません。TEバンドの位置が高すぎるまたは低すぎる場合やバンド自体がない場合は、不合格と見なされます。マルチポイント検査に対応したiVu TGビジョンセンサは、TEバンドがないボトルやバンドが正しく配置されていないバンドを同時に検出できます。

  30. フィーダーボウルレール上の部品検査

    この例は、フィーダーボウルから出てきたばかりの精密機械加工されたボルトがフィーダーボウルレール上を次の自動プロセスまで搬送されていく場面です。このボルトがレール上を進んでいくとき、WORLD-BEAM QS18がボルトを検出し、検査センサであるiVu画像センサにトリガ信号を送信します。iVuは、フランジの欠陥やボルトヘッドのでこぼこ形状、またはその他の欠陥がないか検出するために設定されています。

  31. 自動車分野での溶接チップの検査

    高い色解像度を持つR55Fセンサを使って溶接機のチップが仕様に適合しているか点検することで、製造される部品が仕様に適合することにもつながります。このカラーコントラストセンサには耐久性と熱耐性を高めるためにグラスファイバが使われており、過酷な環境にも対応します。

  32. 部品位置の確認

    背景抑制機能を備えたWORLD-BEAM QS18距離設定反射型センサは、3インチのスキャン距離が必要な部品位置の確認用途に最適です。高ゲイン特性、正確に調整可能なカットオフ、許容可能な可視赤色ビームが特徴のこのセンサは、過酷な環境でも長持ちします。

  33. バイアル充填工程での位置確認

    栓の位置を確認することは非常に重要です。バイアルが適切に密封されていなかったり栓の位置が正しくないと、製品の完全性が損なわれることがあります。ビジョン検査は、バイアル充填工程で密封品質と栓の位置を検査するためのフレキシブルで強力な、効率の高い方法を提供します。完全挿入の栓の場合は、バイアルの最上部と栓の最下部の距離が最小になる場所を検出します。

  34. ラベル検査

    iVu TG画像センサにはマッチングセンサを含む4つのタイプがあり、あらゆるラベル検査の用途に対応しています。マッチングセンサはラベル上のパターンが参照パターンに一致しているか、その向きが正しいかを判断します。iVu画像センサではボタンを押すだけ、あるいはPLCによるリモート操作で簡単に正しいラベルパターンを認識および適合できるようにティーチすることができ、画像処理のスキルは必要ありません。

  35. ハードディスクの検出

    ディスク表面は反射性があるため、多くのセンサではハードディスクがハードドライブに適切に取り付けられているかを検出するのは困難になります。バナーエンジニアリングのQ3XおよびQ4Xセンサは、さまざまな色、質感、材料の反射性のある表面を検出できる設計になっています。

  36. 自動車組み立て工程での長距離検査

    車両が自動車組み立てラインを運ばれていくとき、サンルーフ内部に向けられた飛行時間測定方式L-GAGE LT7レーザーセンサによって座席のシートが取り付けられているか、正しい位置にあるか確認します。この回帰反射型センサは2つのディスクリート出力 (PNP) が可能で、最大250 mの極めて長い検出距離を持つため、自動車産業で多くの用途に使用できます。

  37. シュリンクラベルの有無と適切なラベルの確認

    ボトルがラベラーから出てきた場所にP4 OMNIビジョンカメラを設置して、ラベルの表示が繰り返し可能で保存されている画像と一致するかどうかを比較します。P4 OMNIは密閉されIP68等級に対応し、ニッケルメッキ亜鉛ハウジングに収納されています。

  38. 色検査および確認

    洗剤のボトルに差し込まれた注ぎ口の有無、注ぎ口が完全に差し込まれているかどうか、そしてボトルと同じ色であるかをPresencePLUS Pro COLORビジョンセンサで確認します。密閉されたIP68ハウジングがセンサとリングライトに液体がかからないように守ります。

  39. 自動車の溶接ナット検査

    ロボットによって自動車部品に複数の溶接ナットが挿入された後、作業員が2台のPresencePLUS P4 OMNIビジョンセンサを備えた検査ステーションにその部品を運びます。溶接ナットが正しく挿入されていない場合、溶接ナットがなかったり、上下が逆になっていたり、片方に傾くことがあります。PresencePLUS P4 OMNIは溶接ナットがあるか、向きが適切であるか、傾いていないかを検査します。このビジョンカメラは、部品間のずれの補正および離れた場所からの検査に対応しています。

  40. 接着剤ビードの連続性検査

    コンパクトなアンプ内蔵型L-GAGE LGシリーズの短距離レーザーセンサの高精度レーザービームで表面の高さの違いを検出することで、ロボットグルーガンによってパネルに塗布された接着剤ビードの途切れを検出します。

  41. ケース内の本数検出とキャップの色検査

    PresencePLUS P4 COLOR OMNIビジョンセンサを使って、同じキャップのボトルが所定の数だけケース内に包装されているか確認します。ケース内に足りないボトルがないか、キャップが付いていないボトルはないか、間違った色のキャップがないかが検出されます。

  42. 缶を覆うプラスチックフィルムの検出

    この例では、プラスチックフィルムの包装材はさまざまな役割を持っています。まず、不正開封防止シールとしての役割、搬送中にキャップが外れないように保護する役割、そして、缶に対してアプリケーターツールを保持する役割もあります。それ以外にも、プラスチックはフールプルーフとしての機能も果たし、使用前に中身がこぼれたときに利用者を守る働きをします。このような理由から、プラスチックフィルムが付いていない缶は不合格となります。

  43. 自動車ヒューズボックスの検査

    PresencePLUS COLOR Proビジョンセンサはヒューズボックス内にある色分けされたヒューズを検査し、各ヒューズが正しい位置にあるか確認します。

  44. 向きの確認

    この用途には、一致検査用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。音楽ラベルが上を向いており、位置がわずかな許容誤差内であることを確認します。不適切な向きのCDがセンサによって検出されると、製造ラインに不合格品が通知され、そのCDは取り除かれます。

  45. 色によるブリスターパックの検査

    連邦規制が厳しくなるにつれ、医薬品包装の品質の重要性がますます高まっています。PresencePLUS Pro COLORビジョンセンサはブリスターパックを検査し、正しい錠剤が入っているか、錠剤が破損していないかを確認します。空のブリスターや異物が含まれるブリスターも検出されます。

  46. 自動車のダクトの検査

    自動車のダクトで負圧気流テストを行った後、PresencePLUS Proがシャトルによってダクト開口端の上方まで移動します。PresencePLUS Proは温度センサがダクト内のまだ所定の位置にあること、損傷していないことを確認します。

  47. PresencePlusを用いた高速ボトル検査

    ボトルに一定レベルのビールが入っていること、正しくキャップが取り付けられていることをすばやく確認するため、高速のPresencePLUS P4ビジョンセンサはボトルの位置を特定し、充填レベルとキャップの位置を点検します。1台でキャップの有無を正確に検出して充填レベルを監視できるため、複数のセンサを使用する必要がなくなります。赤色のバックライトによってボトルとのコントラストが高まり、ボトルの特徴が強調されて検出が容易になります。

  48. 食料品パッケージの検査

    コンベアの上方に高分解能のPresencePLUS P4 OMNI 1.3を設置してチョコレート12個入りの箱を検査し、それぞれの紙カップにチョコレートが1個ずつ入っていること、チョコレートが完全な状態であることを確認します。

  49. 多色のボトルキャップの検出

    プラスチック製のボトルがWORLD-BEAM Q12センサの下を通過するとき、限定反射型ビームによってキャップ付きのボトルが、キャップの色に関係なく識別されます。キャップがないボトルは製造ラインからはじかれます。Q12のレーザーのようなLEDビームにより、15 mm、30 mm、50 mmでの正確なカットオフが可能で、ボトルの内容物がキャップに間違われることはありません。

  50. 限られたエリアでのキャップ検査

    PW12等級に対応した頑丈なWorld-Beam Q12センサは、限定反射技術によってキャップの色の変化を無視しながらボトルが閉じられているか検査します。多くの種類のボトルや製品が運ばれてくる製造ラインでは、キャップサイズが25 mmまたは50 mmであっても問題なく機能するセンサが求められます。同じ限定反射技術が採用されているQ12は、キャップの色やサイズを無視する一方でキャップの有無を検出します。

  51. 部品の欠陥検出

    この例のような電子部品を検査するには、一致検査用に設定されたiVuシリーズセンサを使って合格部品の画像が捕捉されます。そして、コネクタの歪みや欠損、間違った面が上を向いている部品が検出されると、センサから製造ラインに不合格の出力が送信され、その部品ははじかれます。

  52. ボトルキャップ検査

    ボトルの充填およびキャッピングが済むと、ボトルはその先の包装工程へ進む前にWORLD-BEAM Q12センサのすぐ下をコンベアで運ばれていきます。限定反射モードのQ12センサは色に関係なくキャップの欠損やずれを検出し、キャップのないボトルをはじくようにラインをトリガします。このセンサでは限定反射モードが使用されるため、センサからキャップまでの距離が正確に一定の距離でなければ反応します。

  53. 透明ボトルのコード検査

    PresencePLUS OMNIは透明なプラスチックボトルの首部分を検査して、日付/ロットコードが印字されているか確認します。さらにキャップが正しく取り付けられていること、ボトルの充填レベルが許容範囲内であることも確認されます。

  54. プラスチック射出成形のショートショットの検出

    高分解能のPresencePLUS P4 OMNI 1.3を製造ラインの上方に設置して、成形工程後のステアリングホイール部品を検査します。材料が多すぎるまたは少なすぎる箇所をP4 OMNIによって探します。

  55. ラベルの検出

    スペースが限られた場所にも問題なく設置できるWORLD-BEAM Q20センサは、ラベルが製品に貼られる前にラベルの有無を確認します。

  56. 射出成形品の検査

    このソリューションには、一致検査用に設定されたiVuシリーズのセンサを使用します。このセンサは各プラスチックボトルを評価し、ボトルの形状が正しくない場合、製造ラインに不合格の出力が送信され、そのプラスチックボトルは不合格となります。

  57. 日付/ロットコード有無の検出

    バナーエンジニアリングのSLMシリーズスロットセンサとディスプレイ付きiVu TG画像センサを使って通過するボトルを検出し、ボトルの印字と参照画像が一致するか検査します。ラベリング工程でSLMシリーズのスロットセンサを使って、センサの横を通過していく各ボトルを連続して識別します。そして識別されるとスロットセンサによってiVuビジョンシステムがトリガされ、ボトルに印字されているコードが点検されます。

  58. バイアルの配置の確認

    作業員がキャップの色で判断しながらバイアルをトレーに入れた後、PresencePLUS P4 COLOR OMNIによってバイアルのキャップの色のパターンが適切であるか確認します。

  59. 自動車ハンドルの色検査

    PresencePLUS P4 COLOR OMNIビジョンセンサが内装のドアハンドルを検出し、組み立て中の車両に適切な色であるか確認します。特別なブラケットで固定された同軸照明から、グレアを抑えるための均一な拡散した光が照射されます。

  60. チョコレートの色検査

    コンベアの近くに取り付けられたPresencePLUS P4 COLOR OMNIでチョコレート12個入りの箱を検査し、各紙カップに正しい種類のチョコレートが入っていることを、色に基づいて確認します。カップに間違ったチョコレートが入っている場合や、チョコレートがなかったり破損している場合には、それらの箱は不合格になります。

  61. 注ぎ口の色検査

    PresencePLUS P4 COLOR OMNIビジョンセンサが洗剤ボトルに差し込まれた注ぎ口を検査します。注ぎ口の有無、注ぎ口が完全に差し込まれているか、注ぎ口の色がボトルの色と一致するかが確認されます。特別なブラケットによって、コントラストと色の視認性が最大限に高まるようにエリア照明が配置されます。

  62. ラベル位置の検査

    サラダ用ドレッシング瓶がラベルステーションから搬出されるとき、一致検査用に設定されたiVuシリーズセンサでラベルを検査し、事前に指定された参照と比較して一致するかどうかを判断します。それぞれの瓶にラベルが付いているか、ラベルが斜めに曲がらずまっすぐに貼られているか確認されます。ラベルがない場合や正しい位置に貼られていない場合は、センサからラベリングマシンに信号が出力されます。

  63. キャッピングおよび充填の検査

    ガラスボトルが高速コンベア上を通過するとき、PresencePLUS P4 COLOR OMNIによってボトルの充填量が適切であること、栓が適切な色でボトルに完全に差し込まれていることが確認されます。デュアルエリア照明によって、検査が最適に行えるコントラストが生み出されます。

  64. 産業用巻取機の無欠点スタンダード [成功事例]

    産業用糸に特化した製造分野で成功を収めたある企業では、自動車、航空宇宙、軍隊、複合材料といった産業分野向けのガラス繊維とガラス糸を製造しています。この企業では、高い製品水準を維持し、コストがかかる返品を最小限に抑えるために、欠陥ゼロという目標を打ち出しました。この目標を達成するために、この企業では自動化された糸検査システムを必要としていました。

  65. 包装ライン上のチョコレート欠損検査

    コンベアの上方に設置されたバナー製センサによって通過する箱を順に検査し、チョコレートの数が足りないものがないか確かめます。Q12透過型センサセットから放射されたトリガビームが通過する箱によって遮断されると、箱の上方に設置されているQS18AFセンサアレイによってチョコレートが欠けていないかそれぞれの位置が検査されます。箱に入っているチョコレートの個数が不適切であることが検出されると、包装ラインのメインコントローラに出力信号がリレーされ、不合格の条件を知らせます。

  66. Part Color Inspection on a Vehicle Door Panel

    An iVu Color Sensor identifies RGB values of individual pieces of trim on vehicle door panels and communicates this information over an industrial Ethernet connection to a PLC.