温度監視

温度の監視と管理は、広範な産業分野のさまざまな用途で重要な要件となっています。製品の品質や食の安全を確保する必要がある多くの分野では、決められた温度範囲を保つことが求められます。また、温度データは各装置の健康状態と性能を把握するためにも使用されます。その用途はほぼ無限にあります。そのためのシステムの設置場所、距離、環境条件、温度変化の度合いに応じて、システムの導入が困難であったり、その性能や精度に影響することがあります。バナーで提供している温度監視および管理用のソリューションは、温度のわずかな変化も検出することができます。また、ワイヤレス製品を使用すれば、ケーブル接続が実用的でなかったりコスト面から難しいような場所からでも温度データを得ることができます。 

結果を絞り込む

全フィルタを解除する

製品タイプ

  • (6)
  • (1)
  • (10)

産業

  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (3)

Back To Top

選択されたフィルタ
  1. 温度湿度監視ソリューションガイド

    K50U超音波センサとQ45UワイヤレスノードをDXM100ワイヤレスコントローラとセットで使用することで、セットアップも結果の分析も容易に行え、クラウドベースシステムによるローカルな監視が可能な、複数のタンクレベル測定用のワイヤレス監視システムを開発できます。

  2. 大型クレーンのモーターおよびギヤボックスの予知保全 [サクセスストーリー]

    ワイヤレス製品によって港湾産業の予知保全が実現します。クレーン上にあるモーターやギヤボックスは大きい振動や温度変化にさらされた環境にあるため、劣化につながるおそれがあります。予知保全を実施することで、完全にそれらの装置が故障して突然のダウンタイムや利益の損失が生じる前に問題に対処して解決することができます。

  3. コンベア回転部の予知保全 [成功事例]

    広大な港湾を横切る石炭コンベアの回転部品をワイヤレス監視して予知保全に役立てることで、故障を防いで費用を節約し、さらにダウンタイムの短縮にもつながります。

  4. 温度センサでデフロスターの電熱線を検出 [成功事例]

    ある自動車メーカーで、デフロスターのグリッド線に欠陥があるとして、出荷されたリアウィンドウ製品が不合格になりました。そのウィンドウメーカーではデフロスターシステム全体での消費電流を測定して全体的な欠陥を検出する検査が行われていましたが、この方法では破損した1本の電熱線によるわずかな影響を検出することはできません。そこでこのウィンドウメーカーはミシガン州にあるオートメーション企業とパートナー提携して、それぞれの電熱線が仕様の温度まで加熱することを出荷前に確認できる検査設備を作りました。

  5. 熱処理の温度の測定 [成功事例]

    EPAでは燻蒸剤とオゾン層の減少に関連性があるとして、多くの燻蒸剤の使用に制限を設けました。大規模な製粉所ではその代わりに年に3、4回熱処理を実施して、害虫を駆除しています。その際、製粉機内の温度は122° F (50° C) まで上昇します。熱膨張により設備や建物に歪みが生じるのを最小限に抑えるため、温度は徐々に上げられます。

  6. 食品調理での高温部の検出

    グリドルが使用できる状態であることを確かめるため、調理面に向けられた非接触型のT-GAGE M18T温度センサによって、表面の温度が周囲温度より高いかどうかを検出します。ワッフルプレートが高温であると、生地が流し込まれて工程が続行します。プレートの温度が十分でないと、T-GAGE温度センサの出力で生地注入機構がトリガされず、プレートはさらに加熱されます。

  7. 蒸気発電所でのバルブ温度の監視

    監視対象となるバルブ群の排出管温度をより迅速に、より高頻度で、より効率良くまとめてチェックするために、FlexPower熱電対ノードとFlexPower電池モジュール一式を設置します。バルブやパイプの温度測定値は、中央に取り付けられたDXM100ワイヤレスコントローラにワイヤレスで送信されます。DXM100に集められたデータはSCADAシステムに転送され、そこで温度データの管理およびグラフ表示が行われます。

  8. 予知保全のためのモーター状態の監視

    監視するモーターの近くに、熱電対またはRTDセンサが装備されたFlexPowerノードが取り付けられました。センサデータは、中央制御ステーション取り付けられているゲートウェイに送信されます。温度のセットポイントは各用途の要件に合わせて設定することができ、ゲートウェイからディスクリート出力が行われます。そして、設定しておいた温度レベルが検出されると、ゲートウェイに接続されているスタックライトの赤色の光が点灯し、メンテナンスの必要性を作業員に知らせます。

  9. ロータリーキルンの温度監視

    SureCrossワイヤレスセンサネットワークでは、ロータリーキルンなどの回転式または可動式の機械からのデータ取得に関連する煩わしさがすべて排除されます。熱電対またはRTDによって取得された温度データは、FlexPowerノードからプラントのコントロールセンターにあるリモートゲートウェイに送信されます。データは常に同じ場所に集められて処理や解析が行われるようになっており、手動によるデータ収集作業や作業員への物理的な危険性はなくなります。温度データのロギングおよび解析が可能であるほか、キルンが予期せず停止したことを示す温度が測定されたときや過度に温度が上昇したときにアラームが発せられるように設定することもできます。

  10. 危険区域でのモーターおよびベアリング温度の監視

    バナーのDX99ノードは、熱電対またはRTDを用いたモーターベアリングの温度監視に使用できます。このセンサおよび無線は消費電力が少なく、電池の寿命は最高で3年間持ちます。このノードによって温度データが集中制御システムにワイヤレスで送信され、そこでロギングと解析が行われます。ベアリング温度が予期せず上昇した場合は、モーターが焼き切れたり設備が損傷する前にメンテンナンスの手はずを整えることができます。この環境での温度データの監視はリスクが高く困難であるため、ワイヤレス技術を使用しないという選択は実用性が低いと考えられます。

  11. クランベリー畑の凍結保護と土壌水分量の管理

    通常は土壌水分および気温の検知範囲は1マイル未満ですが、実地調査では2マイルまで信号がテストされました。マルチホップ無線とそのアンテナは地中深くに設置し、マスター無線は大型の全方向性アンテナと一緒に設置することで通信範囲を最大限に広げます。

  12. 温室の温度および湿度の監視

    温度湿度センサに直接接続される電池内蔵型SureCross FlexPower™ノードは、多額のコストがかかる配管やケーブル配線の必要がなく、複数のセンサ箇所のデータを手動で収集する必要もなくなります。IP67対応の電子機器と多種のフィルタを持つこの製品は、温室内の広い範囲の温度および湿度に適しています。

  13. ワイヤレスネットワークを用いた冷却システムの監視

    測温抵抗体センサがウォークイン冷蔵庫内の温度を検知し、SureCross FlexPowerノードにデータを送信します。そうすると今度はノードがそのデータをゲートウェイに送信し、温度が許容値を超えているとゲートウェイからアラームが発せられます。DX80 FlexPowerノードはIP67等級に対応した頑丈な設計で、低温環境でも問題なく機能します。

  14. 堆肥生成中の温度監視

    2個の熱電対が装備されたSureCross FlexPower™ノードを使用すると、ウィンドロウやスタックの深さが異なる2箇所の場所で温度を自動的に監視することができ、手動でデータを収集する必要はなくなります。

  15. 回転式設備の監視

    通常、ロータリーキルンやロータリーテーブルなどの回転式の設備で計測を行うためには、複雑で高額なケーブル配線システムが必要になります。しかし、十分な対策を講じて専門の設備を使っても、ケーブルのもつれや破損がなくなることはありません。SureCrossワイヤレスネットワークでは、ロータリーキルンなどの回転式または可動式の機械からのデータ取得に関連する煩わしさがすべて排除されます。熱電対によって取得された温度データは、FlexPowered SureCrossノードからプラントのコントロールセンターにあるリモートゲートウェイに送信されます。

  16. ホットグルーの検出

    T-GAGE M18Tシリーズ温度センサは、温度を検出する非接触型の受動センサで、周囲温度より高い物体または低い物体を検出し、出力を作動する設計になっています。この用途では、包装材の折ぶたにホットグルーがあるかどうかをT-GAGE温度センサによって検出します。ホットグルーがある場合、工程はそのまま続行し、包装材は密封されます。ない場合は、その出力によってホットグルーを塗布するプロセスがトリガされます。

  17. 包装の高温接着剤の検出

    バナーのT-GAGE M18T温度センサはホットシールの検証に最適です。このセンサは対象物から放出される赤外線エネルギーを検出し、0⁰C~300⁰Cまでの温度を測定します。この用途では、折ぶたに高温の接着剤があるかどうかをT-GAGE M18T温度センサによって検出します。接着剤があれば、その包装は製造ラインをそのまま進んでいきます。接着剤がない場合は、押し出しアームをトリガする出力によってその箱はコンベヤから落とされ、選別されます。

  18. 予知保全のための振動監視

    バナーのワイヤレス振動温度センサは、秒速インチまたは秒速ミリメートル単位のRMS速度と温度を測定します。このセンサをできるだけベアリング近くに取り付けて振動や温度の増加を検出することで、機械の状態を監視できます。取り付けは簡単で、標準のブラケット、マグネット式ブラケット、または熱伝導性両面テープを使用できます。

  19. モーターの温度監視とワイヤレスネットワークによる管理

    I/Oケーブルを敷設する代わりに、10~30V DC電源のSureCrossノードとバナー製T-GAGE温度センサを使用します。ホスト制御システムを使用すると、SureCrossゲートウェイはセンサに設定されている温度セットポイントに関連してデジタル出力でプラント制御室に温度データを送信します。その温度に基づいてモーターの電源が落とされるか、あるいは電源が投入されます。ワイヤレスマスター装置としてGateway Proを使用する場合は、データのロギングが可能であるほか、モーターの動作状態を表す数値が設定値を超えたときに保守作業員にアラートを送信することができます。

  20. モーターの予知保全

    SureCross装置を使って、温度、振動、圧力を監視できます。熱電対を最大3個まで装備できるモバイルFlexPowerノードでベアリング温度を監視し、ロギングのためにゲートウェイにデータを送信します。保守作業員はこの情報を考慮し、性能指標に基づいて機械のメンテナンス作業を行うことでダウンタイムを最小限に抑えることができます。

  21. 環境条件の監視

    半導体ファブでは加工工場の複数の箇所で、2キロメートルに及ぶプロセス配管システムに沿って、温度、相対湿度、酸素レベルを監視する必要があります。この用途には、温度、相対湿度、酸素レベルを監視し、複数のモニタリング地点から成るロケーションを形成して中央制御地点に全データを収集し、SCADAシステムのインターフェイスとなるソリューションが必要です。このソリューションは、工場で働く従業員全員のために効率的で安全な作業環境を確保することにつながります。2キロメートルを超える地下トンネルの配管システムでモニタリング地点までケーブルを敷設するには莫大なコストがかかります。

  22. 家具製造業での温度および湿度の管理

    大手の家具製造業メーカーでは、大規模な製造施設内にある多くの部屋で温度および湿度を監視して管理する必要があります。以前は手動でこれらのデータを測定しており、この作業は工場全体で一週間を通じて定期的に行われていました。このような手動による測定では特定の時点のデータしか得ることができず、データの取得作業に3時間以上かかっていました。これでは工場環境の管理に役立つリアルタイムの正確な情報は得られません。手動でデータを収集してファンシステムを制御するやり方は時間の浪費になるだけでなく、制御ミスによって保管場所にある木材、加工中の材料、完成した製品が損傷してしまうことがありました。