ウェブおよびエッジのモニタリング

機械プロセスで製品のスムーズな流れを確保し、ダウンタイムを最小限に抑え、材料の損傷や損失を防ぐため、ウェブおよびエッジを確実かつ的確にガイドすることは多くの産業分野で重要になっています。製造ラインを運ばれていくウェブの監視および管理には、一般的にはセンサが使用されています。その際、材料の質感、反射性、半透明性、あるいは製造設備の高速処理といったさまざまな条件が、センサの検出性能や測定性能にとってネックとなることがあります。バナーでは検知技術に関する豊富なノウハウをいかして、ウェブ材料の継続的かつ正確な測定、製造ライン中央のウェブの配置、システム内のスムーズな流れの確保を行う各種センサを提供しています。

結果を絞り込む

全フィルタを解除する

製品タイプ

  • (4)
  • (1)

産業

  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)

Back To Top

選択されたフィルタ
  1. ピックアンドプレースユニットの前縁検出

    ピックアンドプレースユニットには小型の光ファイバが最適です。DF-G1増幅器はファイバから分離できるため、作業員はデジタルデュアルディスプレイの画面を見やすい場所でデータを監視できます。また、クロストーク回避アルゴリズムが搭載されているため、複数の増幅器を近い距離で同時に使用することができます。

  2. 透明体のサイズ計測、形状認識およびガイド

    バナーエンジニアリングでは、清浄な産業環境で透明体を検出するために特別設計された特別バージョンをEZ-ARRAYシリーズに加えました。低コントラストの検出と短い距離 (30~1500 mm) の検知を実現するため、標準仕様のEZ-ARRAY受光器をカスタマイズして開発されたEZ-ARRAY透明体測定用ライトカーテンは、ガラスや透明ウェブなどの半透明の対象物を検出することができます。

  3. 薄くフレキシブルなエッジがある包装の前縁検出

    バナーのLXシリーズは、冷凍食品用容器などのフラットな対象物の前縁を検出するための経済的なソリューションです。 LXシリーズのパーツ検知用ライトスクリーンは、ライトスクリーンを通過する物体をその位置に関係なく変調光の膜で検出します。

  4. カーペットウェブの検出

    ウェブの処理中にこのエッジを測定して監視する方が、製造後の検査で多額の廃棄材料を出すより簡単で、コスト効率も優れています。EZ-ARRAY測定ライトカーテンの2つの装置の間をカーペットウェブが通過するとき、ナップ検出モードに設定されたライトカーテンによって処理中の工程が監視されます。EZ-ARRAYは縁のエッジとタフトのエッジを検出するとウェブ制御システムにそのデータを送信し、制御システムではカーペットをまっすぐにするために必要な調整が行われます。

  5. プライの向きの検査

    タイヤ製造機でタイヤ成形を行う前に、PresencePLUS P4 OMNI 1.3ビジョンセンサによってプライの検査行われ、逆方向に交差するバイヤスが交互に積み重ねられているかチェックされます。その際、同じ方向のバイヤスが連続して重ねられたままタイヤが成形されて製造工程を進んでいくと、釣り合いテストで不合格となり、廃棄処分されることになります。