食品包装向けケース昇降ソリューション

食品製造ラインにおける最終包装プロセスは、ケースエレクターから始まります。完成した食品カートンが店舗宛てに配送される前に、それらを出荷ケースに詰める必要があります。エレクターは平らなケースをスタックから抜き出し、箱に組み立ててから、包装用のコンベアに載せます。食品カートンのサイズが異なる場合、それに合わせて様々なケースサイズが必要となります。

ケースサイズが異なる場合、従来のセンサでは認識が困難になります。バナーエンジニアリングは、固定距離だけではなくさまざまな距離を検出できる、LELTFセンサなどのレーザー距離測定製品を提供しています。スタックレベルの監視において信頼性の高いソリューションで、組立中にケースが不足しないようにすることができます。包装ラインのこのステージでは、明るいLED表示灯を使用して充填ステータスをオペレータに通知することもできます。

ケースエレクターの画像