食品

Fresh Cookies on Conveyor

食品産業

グローバル化と拡大を続ける食品産業は、世界最大の産業です。世界経済が進化し・発展し続ける中、消費者のライフスタイルや需要も同様に変化しています。このような競争の非常に激しい市場では、こういった変化に対応して適応する会社の能力が問われます。変化の止まない消費者の需要は、製品、生産プロセス、および包装の変化に瞬く間に反映されます。

バナーは、食品産業にたいして特別に設計された製品を開発してきました。センサビジョンセンサLED照明と表示灯ワイヤレスネットワーク、および安全制御に関するバナーの業界知識と専門知識によって、こういった課題を克服するソリューションを提供しています。世界中の食品製造メーカーは、バナーの製品とソリューションを活用することによって、作業員の安全を犠牲にすることなく、経費を節減し、品質と効率性を改善し、製品の出来高と利益を増加することができます。

終端間食品包装ラインソリューション

一次包装

IP67、68、および69K等級とステンレス鋼製の食品グレードコンポーネント、およびオプションにより、定期的なCIP作業に耐える耐薬品性ハウジングを提供しています。

二次包装

バナーエンジニアリングは、二次包装における高い精度、生産性、およびコスト節約を実現する革新的なソリューションを提供しています。

最終ライン包装

バナー製品は、梱包済みのケースが出荷用のパレットに載せられる最終ラインでの問題を解決します。

成功事例

トルティーヤ生地の高さの監視 [成功事例]
トルティーヤ生地の高さの監視 [成功事例]

トルティーヤやトスタダといった伝統的なメキシコ料理のアメリカ国内製造メーカーは、最高の味と最も新鮮な商品を消費者に提供し続けています。この目標を達成するには、包装ラインの一貫性が重要です。同社は、トルティーヤの不均一性を無くす方法を求めていました。生産ラインで生地の厚みを継続的に監視する方法がなかったため、生地の高さが高すぎたり低すぎたりし、結果的にトルティーヤのサイズと重量にばらつきが出ていました。トルティーヤの包装が重量不足であれば、廃棄する必要があります。無駄をなくして商品の一貫性を改善するために、同社はバナーの協力を得て、監視ソリューションを探しました。

さらに読む
ベーカリーの正確な材料計量 [成功事例]
ベーカリーの正確な材料計量 [成功事例]

ベーキングは、創造性、精密、および細部への注意が融合した作業です。ウィルキンソンベーキングカンパニーは、その融合に技術的な革新を加えました。ウィルキンソンパン焼き機は、小型の完全アンプ内蔵型全自動パン焼き機です。このユニークな機械には、技術に、1時間に40斤の速さで単純な原材料から焼きたてのパンを作り出す伝統が組み合わせられています。

さらに読む
焼成されたパンの高さの測定 [成功事例]
焼成されたパンの高さの測定 [成功事例]

数々のステージに分かれるベーカリーのベーキングプロセスは、混合から始まり、練り上げと一次発酵を経て、二次発酵、焼成、そして冷却で完了します。各ステージにおいて、経験豊かなパン職人が、外観、質感、サイズ、および重量に関する品質検査を行います。工場の標準を満たさないローフは、消費者への販売から除外されます。工場には、資源の管理と品質標準の維持を改善できる組み込みシステムが必要でした。

さらに読む
一定した生地の高さ測定 [成功事例]
一定した生地の高さ測定 [成功事例]

この会社が持つ多数の人気朝食シリアルの1つに使用される生地は、完璧なフレークに仕上がるように、特定の範囲内の高さパラメータを保持している必要があります。粘度の高すぎる生地は、焼き上がりが固く、消化しにくくなります、逆に粘度が低すぎると、砕けやすくなります。これは最終製品の品質、味、および舌ざわりだけでなく、製品の重量と包装にも影響を与えます。同社の厳しい品質基準を満たさない製品は、消費者市場向けに出荷もしくは販売されません。

さらに読む
熱処理の温度の測定 [成功事例]
熱処理の温度の測定 [成功事例]

EPAでは燻蒸剤とオゾン層の減少に関連性があるとして、多くの燻蒸剤の使用に制限を設けました。大規模な製粉所ではその代わりに年に3、4回熱処理を実施して、害虫を駆除しています。その際、製粉機内の温度は122° F (50° C) まで上昇します。熱膨張により設備や建物に歪みが生じるのを最小限に抑えるため、温度は徐々に上げられます。

さらに読む