自動洗車機の省エネ型車両検出

自動洗車機の検出の画像

用途:自動洗車機での車両の検出

課題:過酷な屋外環境にさらされる

ソリューション:SureCross M-GAGEワイヤレスノード

メリット:完全密閉型、地上および地下に設置可能

自動洗車システムはフル稼働する時間帯もあれば、オートメーション装置を作動する必要の鳴りダウンタイムもあります。そのようなときにスタンバイモードに切り替えるセンサがあれば、エネルギーを節約できます。センサは自動車が洗車機の入り口に近づいてくると省エネモードを解除して的確に車両を検出し、自動システムを作動する必要があります。

説明

これまでに使用されてきた技術では、誘導無線システムを地面に埋め込む方法が採られていました。誘導無線システムを設置するには、アスファルトやコンクリートを大きく取り壊さなければなりません。また、時間が経つと誘導ループが破損するため、交換が必要になります。

SureCross M-GAGEワイヤレスセンサノードを使用すれば、大掛かりな誘導無線システムを使う必要はなくなります。この装置は地上または地下に取り付けることができ、いずれの場合も直径6~8インチの穴をひとつ開けるだけで済みます。M-GAGEノードによって車両の存在が検出されると、自動洗車システムが作動して入り口のドアがトリガされます。

この記事で取り上げられた製品

ワイヤレスM-GAGEノード
ワイヤレスM-GAGEノード

車両探知向けに設計されたバッテリ内蔵FlexPowerノード

さらに読む