cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

ゲート付きコミュニティ出口の車両検出

車両検出、ゲート付きコミュニティ出口の画像

用途:ゲート付きコミュニティの自動制御式出口で自動車を検出する

課題:道路上の設置スペースが限られている

ソリューション:ワイヤレスM-GAGEノード

メリット:設置に必要な穴はわずか直径6.35 cm (2.5インチ) で、道路の工事を最小限に抑える

安全上の理由から、ゲート付きコミュニティの入り口は警備員または無人システムによって管理されます。無人システムでは、多くの場合、認証コードや手持ち式のリモコンを使ってゲートを開きます。その一方でゲート付きコミュニティを出る際には、自動開閉式のゲートが使用されます。そういった多くのコミュニティでは、システムの設置やメンテナンスのために、出口付近にあるレンガや石造りのかなりの部分を取り壊さざるを得なくなります。

説明

従来の誘導無線方式の有線車両検出システムでは、その設置や修理のために、道路またはレンガブロックを大きな範囲にわたって取り壊すか撤去しなければなりません。

道路の大掛かりな工事を避けるには、バナーのワイヤレスM-GAGEセンサノードを利用する方法があります。道路に直径わずか6.35 cm (2.5インチ) の穴を開けるだけで、このセンサを地面を埋め込むことができます。ほとんどの乗用車を検出できるように、埋め込まれたセンサの検知範囲内でM-GAGE車両センサの感度を調整できます。

ノードとM-GAGEセンサの電源供給は、コンパクトなハウジングに内蔵された電池で行います。電池の寿命は最大で5年間です。また、センサから最大で1000フィート離れた範囲内であれば、ゲートウェイやワイヤレスネットワークコントローラを集中制御設備に設置することもできます。

この記事で取り上げられた製品

ワイヤレスM-GAGEノード
ワイヤレスM-GAGEノード

車両探知向けに設計されたバッテリ内蔵FlexPowerノード

さらに読む

関連分野