充電スタンドでの電気式車両検出

充電スタンドで共用電気自動車の存在を検出

用途: 充電スタンドで共用電気自動車の存在を検出

課題: 屋外環境と破壊行為のリスク

ソリューション: QT50Rシリーズ高感度レーダーセンサ

メリット: 気象条件の影響を受けず、充電スタンド内部に設置可能

ヨーロッパのさまざまな街で電気自動車共有サービスが導入され、効率の良い充電スタンドの普及が望まれています。一方で、許可のない車両が充電スタンドに駐車しないようにするため、無許可のシャア量を識別してその存在を警察に知らせるシステムが必要になります。また、充電スタンドは公共のエリアにあるため、破壊行為を想定した対策も必要になります。

説明

バナーエンジニアリングのR-Gageレーダーセンサは、充電スタンドの電気式車両検出に最適なソリューションです。充電スタンドに自動車が駐車されると、R-Gageレーダーセンサはすぐに車両の存在を検出します。そして、その車両が充電スタンドに接続されない場合、管理センターに信号が送信され、場合に応じて車両を撤去するように管轄当局に通知されます。

R-Gageは充電スタンドに埋め込むことができ、破壊行為から守られます。R-Gageでは周波数変調連続波 (FMCW) レーダーを使用することで、高い信頼性で移動中または静止状態の車両を検出します。光電センサや超音波センサとは違い、レーダーセンサは風や雨、霧、光、湿度、温度などの影響を受けません。そして、指定した距離内にある物体のみが検出され、セットポイントを超えた場所にある物体や背景は無視されます。

この記事で取り上げられた製品

QT50Rシリーズ 衝突回避レーダーセンサ
QT50Rシリーズ 衝突回避レーダーセンサ

リーチスタッカー、フォークリフト、鉱業車両などの移動設備の衝突回避に最適な、高感度レーダーセンサです。調整可能な検出フィールド

さらに読む

関連分野