バナーのワイヤレス振動ソリューションで予知保全を簡単に実現

予知保全のための振動監視の画像
予知保全の課題

機械の予知保全をスムーズに行えないことがあります。これはわずかな性能の変化を検出するには適切なツールが欠かせないためです。予知保全の観点から状態監視は重要な役割を果たし、費用のかかるダウンタイムを未然に防ぐために役立ちます。 監視する必要がある重要な条件のひとつが振動です。機械の振動の多くは、部品の不均衡、ずれ、ゆるみ、摩耗が原因です。振動が大きくなると、機械が損傷するおそれがあります。モーター、ポンプ、コンプレッサ、ファン、ブロワ、ギアボックスの振動の増加を監視することで、問題が深刻になり予定外のダウンタイムを強いられる前に異常に気づくことができます。

ワイヤレス振動モニタリングで状態監視が簡単に

バナーのワイヤレス振動温度センサは、機械の「エンジンチェックランプ」のようなもので、特に機械が遠く離れた場所にある場合に役立ちます。センサは、回転機械の全般的な健康状態を示すRMS速度と、ベアリングの早期の摩耗の指標となる高周波RMS加速を測定するようになっています。 取り付けは簡単で、標準のブラケット、マグネット式ブラケット、または熱伝導性両面テープを使用できます。また、このセンサは複数のバナー製ワイヤレスノードと連携するように設計されています。

振動基準の設定と警告・アラームのしきい値の設定は、バナーの振動監視ソリューションガイドを使うと簡単に行えます。ソリューションガイドの指示に従ってDXMに構成ファイルを読み込むだけで、機械のラーニングアルゴリズムが自動的に基準としきい値を設定します。測定値がしきい値を超過すると、中央管理にあるワイヤレスTL70タワーライトに信号を送信したり、電子メールやテキストのアラートを送信することもできます。また、振動と温度のデータをDXM100ワイヤレス論理コントローラやPLCに送信して、そこでデータの収集と解析を行うこともできます。

この記事で取り上げられた製品

QM42 振動&温度 (VT) シリーズ - ワイヤレス
QM42 振動&温度 (VT) シリーズ - ワイヤレス

QM42VT 振動・温度センサでは、機械の状態を簡単に監視することができます。RMS速度と温度を測定するため、問題が深刻化しほかの損傷の起因となったり予定外のダウンタイムへと発展したりする前に、問題を検出することができます。バナーワイヤレスノードと組み合わせることで、局所表示を実施し、信号を中央管理システムに無線送信し、収集と傾向分析を行うための振動・温度データをゲートウェイに送信することができます。

さらに読む
予知保全用のQ45ノード
予知保全のためのQ45ノード

Sure Cross® Q45 1-Wireシリアルノードはバナーの1-Wireシリアルセンサと動作するように事前にマッピングされています。リチウム電池内蔵型のコンパクトなサイズで、多種のセンサとの互換性によりリモート監視も容易です。

さらに読む
TL70 タワーライト - ワイヤレス
TL70 タワーライト - ワイヤレス

さらに大きくて明るいTL70モジュラー式タワーライトは、モジュラーセグメントまたは組立済みユニットとしてご注文いただけます。ワイヤレスTL70タワーライトは、バナーで人気のタワーライトファミリと、現場実績のある確実なSureCrossワイヤレスアーキテクチャが組み合わさった表示灯です。

さらに読む
産業用ワイヤレスコントローラ:   DXMシリーズ
産業用ワイヤレスコントローラ: DXMシリーズ

DXMコントローラシリーズは、バナーのワイヤレス無線、セルラーおよびイーサネット接続性、およびローカルI/Oを統合し、インダストリアルIoT (IIoT) のプラットフォームを提供しています。

さらに読む