食品包装向けホッパーソリューション

ケースに包装済みの食品が充填されてラベルが適切に貼付されたら、ケースをパレットにまとめて、店舗への出荷準備を行う必要があります。ロボット技術を使用したパレタイザは需要が高く、このプロセスを効率的に遂行する装置です。ロボットはラインからケースを移動して、指定された順序でパレットに積み重ねます。

ロボットの記録にはレーザー距離センサが最適です。ロボットが配置に移動する際、センサはケースが積み重ねられる前にパレットの位置を特定する必要があります。このセンサは1つの固定された距離ではなく、さまざまな距離を測定します。ケースのサイズは多様であるため、ロボットとパレットの間の距離が頻繁に変わります。

パレタイザ

パレタイザエリアでは、セーフティライトスクリーンが重要です。ロボット式パレタイザは非常に大型で、その動作によって負傷することがあるため、人員保護対策が必要です。バナーエンジニアリングは、パレットが入口と出口において機械の停止を引き起こさないように、ミュートオプションを備えたライトカーテンを提供しています。ライトスクリーンをミュートすることによって、包装プロセスが中断されることなく、エリアに進入する人員を保護することができます。