食品包装向けストレッチ包装ソリューション

最終ステップはストレッチラッパーです。ケースがパレットに積まれた後、輸送中に完成商品を保護するために、各パレットをストレッチフィルムで包みます。包装材で包むことで、保管や輸送中に定置に固定しやすくなるため、製品の損傷を最小限に抑えることができます。

十分なスペースがある場合、パレタイザ―の防護に使用されるライトスクリーンをストレッチラッパーにも使用することができます。スペースがない場合は、別の安全製品を使用して、ストレッチラッパーによる人身傷害を防ぐ必要があります。各パレットにストレッチフィルムを素早く巻く作業には、通常、ロボットアームが使用されますが、このアームが適切に防護されていなければ障害の原因となることがあります。

ストレッチラッパーの画像

このエリアでは、ケースサイズにより異なることのあるパレットの頭頂の位置を判定するために、レーザー距離センサを使用することもできます。このステージでは、ロール径を監視して、ストレッチフィルムの不足から包装処理が遅れを取らないようにすることも重要です。ロールがほぼ空になっていることを判定するセンサを使用することができ、表示灯を使ってその状況をオペレータに警告することができます。

この記事で取り上げられた用途