cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

無人車両のステータス表示

無人シャトルバス用途の画像

顧客の要件:無人シャトルバスのステータス表示

解決法:K50Lシリーズ ドーム型インジケータ

採用理由:マルチカラー表示 - K50Lドーム型インジケータは3色表示により、ステータスを明確に表示できるように色を簡単に切り替えられます

顧客のメリット

堅牢な耐水性 - K50Lドーム型インジケータは、屋外の湿潤環境向けにエポキシ樹脂で完全密閉されており、IP67およびIP69K等級を満たしています。

長い耐久年数 - LEDテクノロジーを備えたインジケータは、低電力で長期的な使用が可能であり、従来の照明に比べてメンテナンスと修理があまり必要ではありません

短距離走行向けの無人バス

無人車両技術は、急速な展開が進む中、世界中の注目を集めている技術です。自動走行車両やシャトルバスが空想にとどまっていたのは過去のことで、オートメーション技術の進化とともに、環境問題や事故発生件数の減少に対する新たな関心により、無人技術が再び活性化しました。現在では、周辺領域を感知して、運転士の運行指示を得ることなく、目的地まで移動する機能を備えています。

ソフトウェア稼働型無人車両とスマートモビリティソリューションを主要事業活動とするヨーロッパのハイテクスタートアップ企業は、一度に最大15人を乗せて時速10~15マイルで走行する無人シャトルバスを発表しました。このシャトルバスは、歩行者専用の中心街、空港、住宅街、遊園地、駐車場といった、短距離を運行します。100%電気駆動で、既存のインフラストラクチャをほとんど変更することなく、指定または選択経路を走行します。

変化する屋外条件で運行するシャトル

自動走行車両に適切な衝突回避システムが組み込まれていない場合、事故やその他の過失の原因となります。衝突回避システムは、一般的にシャトルバスの前方の物体を検知するため、速度を落としたり、ブレーキを作動して事故を回避することができます。

表示は、ステータスに変化があるたびに操作担当者や利用者がそれを確認できる、衝突回避システムの重要な機能です。シャトルバスの照明にはさまざまな課題が存在します。バスが野外環境やあらゆる天候条件で完全に稼働するには、照明器具が堅牢性と耐水性が必要となります。表示システムが頻繁に故障するようでは、メンテナンス実施のためのダウンタイムが頻繁化し、持ち込み修理の費用もかさばってしまいます。

車両ステータスの変化を明るく示す密閉LEDインジケータ

最も注目を集めるバナーエンジニアリングのインジケータライト「K50Lドーム型インジケータ」は、ステータスの変化を示すために各バスの外部に取り付けられます。この照明は堅牢でコスト効率が良く、IP67と高圧洗浄に耐えられるIP69K等級に設計されています。アンプ内蔵型でエポキシ樹脂で完全に密封された照明はさまざまな天候条件から保護されており、長期的に使用できるように耐用年数の長いLEDが使用されています。50 mmのドームは輝度の高い色を最大3色表示できるため、読み取りやすくシャトルの表示を示すことができます。

自動走行バスの前方にK50Lインジケータを取り付けることで、バスの外部から明確な表示を読み取ることが簡単になります。衝突回避装置が何らかの物体を検知し、シャトルが減速し始めると、K50Lの照明の色が変化または点滅するため、適切なバスのステータスを理解することができます。明るいLEDは視認性が高く、1基で3色を示すカラーディスプレイを搭載しており、標準的な照明器具に比べて耐用年数が長く、メンテナンスもあまり必要としません。

この記事で取り上げられた製品

K50 Coreシリーズ 50 mm汎用LEDインジケータ
K50 Coreシリーズ 50 mm汎用LEDインジケータ

バナーの最も需要の高い表示灯です。この50 mmの汎用インジケータは、AC電源でもDC電源でも使用できます。

さらに読む

関連分野