堆肥生成中の温度監視

堆肥生成中の温度監視の画像

課題

堆肥を作る最も基本的な方法のひとつがウィンドロウを使うやり方です。 効率良く堆肥を作るためには、ウィンドロウの温度を 絶えず測定してそれを記録することが必要です。 正確な温度測定によってウィンドロウの切り返しを行う最適なタイミング を見極めることができ、堆肥の生成を早めることができます。

手動でデータを収集するのは非常に時間がかかる上にミスをする可能性もあり、連続的な測定はそもそも無理です。さらに、データを収集する際に作業者が有害な病原菌さらされるおそれもあります。このようなときに、データを自動的に収集して集中管理システムにワイヤレス送信するシステムがあれば、堆肥化過程の温度を常時記録してロギングすることができ、堆肥化サイクルが完了するまでの時間を短縮して効率を向上できます。

解決法

2個の熱電対が装備されたSureCross FlexPower™ノードを使用すると、ウィンドロウやスタックの深さが異なる2箇所の場所で温度を自動的に監視することができ、手動でデータを収集する必要はなくなります。

温度センサの読み取り値はゲートウェイやホストシステムにワイヤレスで送信され、そこでデータの収集、分析、ロギングが行われます。温度は絶えず測定および記録されるため、温度が理想的なレベルに達したらすぐに堆肥の切り返しを行えます。

また、センサで測定された温度が指定された範囲を超えたときに作業者に通知されるようにしておけば、火災の危険を早期に察知して製品を守ることができます。

最適化されたSureCross FlexPower熱電対ノードは出荷前に校正され、15種類の熱電対に対応します。ユーザーはDIPスイッチを使っていずれかを選択できます。熱電対ノードにはそれぞれ3つの熱電対入力が可能で、寿命約3年間の電池が使用されます。

この記事で取り上げられた製品

Performanceシリーズのゲートウェイとノード
Performanceシリーズのゲートウェイとノード

大規模なエリアでI/Oを伝送するポイントツーマルチポイント (一対多) ネットワークを作成します。入出力のタイプにはディスクリート (ドライ接点、PNP/NPN)、アナログ (0~10 V DC、0~20 mA)、温度 (熱電対およびRTD)、およびパルスカウンタがあります。

さらに読む

関連分野