大規模な組立工程用のスケーラブルな安全制御

Scalable Safety Control for Large Assembly Processes Image

用途:大規模な組立ステーションでの複数箇所の安全防護

課題:さまざまな種類の危険が存在

解決法:XS26-2拡張性安全コントローラ

メリット:最大で8台の拡張モジュールを追加可能で、大規模な機械にも適応

複数の危険個所がある半自動組立ラインを安全防護するには、ひとつの機能 (両手制御、ミューティング機能、ゲート監視など) のために設計された従来型のセーフティリレーモジュールでは煩雑になることがあります。

大規模な組立プロセスの防護には複数のゾーンに多数の安全機器が必要になり、そのため配線も複雑になります。その結果、適切な安全ロジックおよび安全回路を構築するには多額のコストがかかり、設置にも相当の時間がかかります。そのため、危険個所の防護と作業員の保護に役立つ安全ロジックおよび安全回路を確保するためのシンプルな安全ソリューションが必要です。

説明

バナーのXS26-2拡張性安全コントローラは、複数の工程がある大規模な機械を含め、多様な種類の機械に合わせて適応できるスケーラブルな安全ソリューションです。

最大で8台のI/O拡張モジュールを追加できるため、複数の危険個所やアクセスポイントがあるような設置面積の広い機械にも適応します。また、直感的に使用できるプログラミングソフトウェアには、あらかじめ設定された安全機能やロジックブロックが用意されています。

多岐に渡る安全機器に対応しているため、複雑な用途の場合にも短時間で設定してコントローラにダウンロードすることができ、効率的な機械のコミッショニングに役立ちます。使いやすいソフトウェアプラットフォームを利用することで、安全機器をすぐにコントローラに接続できます。

この記事で取り上げられた製品

Related Industries