部品要請時のAGVの呼び出し

部品要請時のAGVの呼び出し

課題

無人搬送車 (AGV) は組立または製造の環境において非常に有用です。無人車両を使用して現場に組み立て部品を配達することで、ワークフローと生産性のレベルを高い水準に維持することができます。ワイヤレスソリューションにより、オペレータはAGVを円滑に運転することができます。

解決策

DX80ワイヤレスシステムを配備することにより、最適なワークフローが実現します。現場では、リモート操作用押しボタンとライトがDX80ノードとセットで用いられ、ワイヤレスでゲートウェイと通信します。この用途では、バナーVTBはノードへの入力として使用されます。バナーは、DX80ノードにディスクリート入力としてシームレスに接続する多種の高度なタッチボタン制御製品を提供しています。

スケジューラの位置に設置されたゲートウェイにより、車両は確実に適切なステーションに移動します。用途の要件が変更された場合、どのステーションでもノードの追加または削除が可能です。

このシンプルなインターフェイスにより、実装コストを最小限に抑えつつ生産性を大幅に向上させることができます。パレットの準備ができたら、ユーザはボタンを押してAGVに警報を出します。AGV制御システムがパレットの回収をスケジュールすると、ワークステーションで緑色のランプが点灯します。

この記事で取り上げられた製品

Performanceシリーズのゲートウェイとノード
Performanceシリーズのゲートウェイとノード

大規模なエリアでI/Oを伝送するポイントツーマルチポイント (一対多) ネットワークを作成します。入出力のタイプにはディスクリート (ドライ接点、PNP/NPN)、アナログ (0~10 V DC、0~20 mA)、温度 (熱電対およびRTD)、およびパルスカウンタがあります。

さらに読む