現場の水処理のデータ収集の自動化

同社は、メンテナンス要員を増やすことなく、標準的な水処理の慣行に準拠するために必要な水位データを確実に収集しながら、他の未解決のメンテナンス上の問題に集中することできました。

バナーエンジニアリングのPerformanceシリーズワイヤレスセンサには次のようなメリットがあります

  • 現場の水処理データを収集し、一次生産設備内のメンテナンス部門に返送する
  • プラント全体の制御システムを介してすべてのアナログレベル信号にリアルタイムにアクセスできる
  • 手作業によるデータ収集が不要になり、従業員が他のメンテナンス上の問題に集中できる
現場の水処理アプリケーションでデータ収集を自動化するためのワイヤレスセンサ

課題:データ収集は制御システムから切り離された作業で、頻繁な見直しを必要とした

商業印刷会社のメンテナンス担当者は、州規制に従うために、現場の水処理プロセス全体で連続的に水位を読み取ります。所定の間隔で個々の水位を手作業でサンプリングして文書化する専任のメンテナンス担当者が必要でした。当該のデータは収集されたものの、これはプラント全体の制御システムから切り離された作業であり、各シフト終了時jに見直す必要がありました。 

解決策:バナーエンジニアリングSureCrossワイヤレスネットワークによりリアルタイムでデータレビューが可能になる

SureCross™ ワイヤレスネットワークを設置し、水処理プロセス全体で4〜20 mAレベルの読み取り値を収集しました。各水位測定ポイントにはアナログ入力を備えたノードが設置され、メンテナンス部門内にはシングルGatewayProが取り付けられました。 

メンテナンス部門は水処理場のエリアから約100ヤード離れた別の建物内にあります。GatewayProは既存のプラント全体の制御システムに接続するEtherNet/IPインターフェイスを提供します。水位のデータは自動的にサンプリングされ、リアルタイムでレビューできます。 

結果:自動データ収集と水処理プロセス全体における可視性の向上

同社は、メンテナンス要員を増やすことなく、標準的な水処理の慣行に準拠するために必要な水位データを確実に収集しながら、他の未解決のメンテナンス上の問題に集中することできました。同社は、自動データ収集ができるようになったことに加え、水処理プロセス全体を通して可視性とログ機能を向上させました。ワイヤレスの設置が成功したことを受け、施設管理者は、現在、貯蔵タンクレベルのデータやエネルギー使用統計の収集など、施設全体の他のデータ収集アプリケーションを検討しています。

この記事で取り上げられた製品

Performanceシリーズのゲートウェイとノード
Performanceシリーズのゲートウェイとノード

大規模なエリアでI/Oを伝送するポイントツーマルチポイント (一対多) ネットワークを作成します。入出力のタイプにはディスクリート (ドライ接点、PNP/NPN)、アナログ (0~10 V DC、0~20 mA)、温度 (熱電対およびRTD)、およびパルスカウンタがあります。

さらに読む

対象分野