機械の稼働時間の計算

機械の稼働時間の計算の画像

課題

通常動作時には、作業者は、溶接されるフレーム部品を溶接機に装填します。装填された部品はロボット溶接セルに入り、完成したフレームが排出されます。作業者は完成したフレームを降ろし、次の溶接サイクルに備えて部品をさらに装填します。

生産目標が達成されていない場合、問題が機械のダウンタイムにあるか、または作業者の非効率性にあるかを認識することが重要です。施設は、問題がどこにあるかを判断するために、機械の稼働時間を正確に測定し、制御センターに報告する必要があります。

解決策

溶接機にPLC論理を追加することにより、割り当てられた処理時間を超えたときに出力をオンにすることができます。この出力は、DX80ノードの入力に接続されています。ノードの入力は、超過時間をログに記録するHMIに接続されているDX80ゲートウェイに戻されます。各シフトおよび作業員ごとに、累積超過時間の合計が計算されます。

正確な作業時間が溶接機で収集され、新しいデータケーブルを配線をすることなく、中央制御センターにワイヤレスで返送され、ログに記録されます。

リアルタイムのデータ収集に基づいて、設備管理者は、遅延が機械のダウンタイムの結果であったか、または作業員の非効率性の結果であったかを正確に確認することができます。

この記事で取り上げられた製品