正確な梱包のための食品カートンの計数

カートンの計数の画像

用途:封をされた食品の箱を計数して、ケースを正しく充填

課題:近い検出範囲での計数

解決策:WORLD-BEAM QS18LPレーザーセンサ

メリット: 頑丈で、密閉されたスペースに対応

食品の二次梱包では、大きな箱に入れる前に製品を計数し、正確に梱包することが重要です。必要な数のカートンがコンベア上を通過した後に、カートンを計数してロボットに通知する信頼できるセンサが必要です。ロボットはそれに基づいて箱へのカートンの詰め込みを実施し、効率的な製造プロセスを維持します。

近い検出範囲での正確なカートンの計数

バナーのWORLD-BEAM QS18LPレーザーセンサは、コンベア上を通過するすべてのカートンを正確に検査し、ロボットをトリガして、カートンを容器に装填します。QS18LPは、目に見えるレーザー感知ビームにより正確に位置を制御し、近い検出範囲にあるカートンの正確な計数を保証します。

頑丈なQS18LPは狭い空間にも理想的で、コンベア周りに容易に設置して、正確な検知を実現します。非常に明るいLEDを装備しているため、動作ステータスを360℃から確認できます。QS18LPはNPN/PNP出力の電源電圧DC 10~30Vを装備 (モデルによる) QS18LPは、18 mmスレッドバレルと側面取り付けオプションにより、容易に設置することができます。

この記事で取り上げられた製品

QS18シリーズ 多目的光電センサ
QS18シリーズ 多目的光電センサ

汎用ハウジング設計と18mmスレッドバレルによる多目的光電センサは、数100にも上る様々なセンサに代わる理想的なセンサです。

さらに読む