カートンの寸法計測

カートンの寸法計測の画像

課題

今日の電子商取引の受注処理では、大手物流会社は、寸法課金制とも呼ばれるサイズと重量に基づく価格設定に移行しています。荷物の寸法は価格設定の情報に必要とされることに加え、保管や出荷の要件を決定するためにも必要とされます。

スペース管理は倉庫管理システムの重要な焦点のひとつで、パッケージの寸法情報を使用して無駄なスペースをなくすことで、倉庫の容量を最大化することができます。

解決策

ライトカーテンを測定するバナーのEZ-ARRAYは、2.5mmのエッジ解像度でわずか5mmの幅の物体を検出し、高い過剰ゲインにより不透明な物体を検出します。これらの特徴により、ライトカーテンを通過するパッケージの確実な検出と測定が可能になります。

各セットでブロックされた光軸数の総数はサイズを示し、この情報が分類装置にアナログ信号として送信されます。続いて、PLCが各カートンを適切な保管場所へ仕向けます。

EZ-ARRAYライトスクリーン、カートンの寸法計測の用途に適した頑丈でコスト効率が高いソリューションです。ライトスクリーンは設置が容易で、リモートティーチプログラミングにより容易にセットアップできます。コントローラ機能が受光器に組み込まれているため、基本的なセットアップでは、コントローラ、ソフトウェア、またはPCが不要です。

この記事で取り上げられた製品

EZ-ARRAYシリーズ 測定ライトカーテン
EZ-ARRAYシリーズ 測定ライトカーテン

EZ-ARRAYライトスクリーンは、簡単な設置で、高速で精密なプロセス監視・検査、形状認識、およびウェブガイド用途における性能を発揮します。

さらに読む