カートンの形状認識

カートンの形状認識の画像

用途: カートンのサイズを測定する

課題: カートンはコンベア上のどの位置にも配置できる

解決策: バナーLE550レーザーセンサ

メリット: カートン幅の正確な測定

課題

カートンの形状認識は、梱包業界の重要な側面です。形状を認識することで、出荷に向けてカートンとパッケージを工場の正しいエリアに確実に届けることができます。カートンの高さ、長さ、幅を測定し、サイズをPLCに送信して、適切な配置を決定する必要があります。

解決策

コンベア上を移動するカートンが2つのLE550レーザーセンサ間を通過するときに、カートンの幅が測定され適切に仕分けが行われます。LE550センサは、カートンの形状認識向けの経済的なソリューションです。

アナログ出力からPLCに信号が送信され、カートンが正しい保管場所に送られます。

バナーのLE550は繰り返し精度と精度を確保しながら、カートンの高さ、長さ、幅を測定します。レーザーセンサは直感的なユーザーインターフェイスを備えており、設定を容易に調整できます。

この記事で取り上げられた製品

LEシリーズ 1 m範囲のレーザー変位センサ
LEシリーズ 1 m範囲のレーザー変位センサ

100~1000 mmをすぐに測定できるLEの測定精度は、品質管理における制御、分類、および検査のタスクに最適です。

さらに読む

関連分野