スロットセンサを使用した注射器の計数

スロットセンサを使用した注射器の計数の画像

課題

注射器の組み立てと包装のプロセスを、フィーダボウルやコンベアレールなどの設備を使用して自動化します。部品がレールを通過した後、検知領域の通過時に注射器が揺れたり振動したりしても、部品を検知して計数することができる確実な検出が必要です。

解決策

この用途では、半透明の注射器がフィーダボウル (図示されていません) 内で正しい向きに配置され、レールを降下して、組立と包装の次の段階に送られる前に準備されます。バナーSLMスロットセンサはこの用途に最適です。センサのハウジングには各フォークの先端部に投光器と受光器が装備されており、注射器が通過する完全に光軸調整された透過モードの検出ビームを生成します。ゲインポテンショメータを使用してSLMスロットセンサを調整して感度を最適にすることで半透明の物体の検出が可能になり、注射器がレール上で動いたりぶれを起こした場合もセンサは完全に動作します。

セットアップと設置を容易にするには、SLMが最適です。SLMを取り付けることで投光器と受光器を同時に効果的に配置することができるため、物理的なアライメントを必要としません。同じことが配線にも当てはまります。SLMは電源と出力を伝送するためのケーブルが1つで済み、設置時間とコストを節約できます。

この記事で取り上げられた製品

SLMシリーズ 頑丈な金属スロットセンサ
SLMシリーズ 頑丈な金属製スロットセンサ

頑丈な金属センサは、透過モードの投光器と受光器の間を通過する検出体を検出します。取り付けが簡単で、小さい有効ビームを使った強力な光学センサです。

さらに読む

関連分野