cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

コンベア上の異なるサイズのパッケージの検出

コンベア上の異なるサイズのパッケージの検出の画像

用途: コンベア上での密封された加工食品の検出

課題: パッケージのサイズと位置にばらつきがある

解決策: S18-2シリーズ バレルセンサ

メリット: 小型、コンパクト、調整が簡単

複数の製品が同じ製造ラインで流れてくる場合、コンベアに沿って移動する際に、サイズの変化によって検出が困難になる可能性があります。最良の解決策は、コンベアの下に複数のセンサを並べて、すべてのパッケージが確実に検出されるようにすることです。

調整がしやすく、様々なサイズの箱を検出

バナーのS18-2バレルセンサは、このような用途で使用できるコスト効率の良い確実な検出方法です。小型であるため製造ラインに容易に組み込むことができ、競争力のある価格により、複数のセンサが必要な用途に最適です。S18センサは、強力で明るく見やすい赤色投光器ビームにより、セットアップ中に簡単に調整できます。

S18-2バレルセンサの先進ASIC (特定用途向け集積回路) 技術は、蛍光灯に対する耐性を備え、より高いレベルのクロストーク回避を提供しますが、箱のサイズと位置の違いを感知するためにセンサを1つずつ並べる必要があるため、この方法は理想的です。

S18-2バレルセンサは、見やすい出力と二重機能電源を備え、-40〜+ 70℃の広い温度検出範囲で動作します。

この記事で取り上げられた製品

S18-2シリーズ コスト効率の良い18 mmプラスチックバレル
S18-2シリーズ コスト効率の良い18 mmプラスチックバレル

クロストーク回避を採用したアンプ内蔵型の蛍光灯電磁波耐性センサでは、投光器から発する可視性の赤い明るいビームを使って、光軸調整やセットアップを簡単に行えます。

さらに読む