ガラスパネルの検出

ガラスパネルの検出の画像

課題

色付きの大きなガラスパネルが、ローラー上の製造工程を通して搬送される。位置決めのために、パネルが通過する時にパネルのエッジを検出する必要がある。工場照明により検知の信頼性が損なわれるため、センサを上向きに取り付ける用途は困難である場合がある。固定背景がないことが、この用途のもう一つの難点になる。

解決法

WORLD-BEAM QS18背景抑制機能付き距離設定反射センサは、蛍光灯に対する耐性が強化されており、工場照明に向けて上向きに照らしてもガラスパネルのエッジを確実に検出することができます。

背景の条件が多様であることによる難しさは、背景抑制を用いることによって解決されます。ユーザーは、単純な多回転スクリュー調整によってカットオフ距離を設定できます。センサは、設定されたカットオフ距離を超える物体を無視します。

背景抑制機能付きQS18距離設定反射センサを使用する用途では、対象物のセンサへの向きが重要です。確実な検出のためには、物体はセンサ面に対して垂直に移動する必要があります。背景抑制を使用するときに覚えておくべきもうひとつのことは、対象物と背景の間の最小安全距離が必要であることです。この用途では、ガラスパネルと工場の天井との間に十分な距離があります。

この記事で取り上げられた製品

QS18シリーズ 多目的光電センサ
QS18シリーズ 多目的光電センサ

汎用ハウジング設計と18mmスレッドバレルによる多目的光電センサは、数100にも上る様々なセンサに代わる理想的なセンサです。

さらに読む