cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

石炭スラリーパイプラインに沿った漏れの検出

石炭スラリーパイプラインに沿った漏れの検出の画像

課題

石炭スラリーは、採掘中に石炭を洗うために使用される汚水です。洗浄プロセスの完了後、スラリーはスラリー貯留池に圧送されます。

スラリーを流域および現地の水道から守るために、貯留池は、通常、丘の間の谷間に形成されます。丘の上の鉱山の敷地から貯留池にスラリーを圧送しながら、流入地点と貯留池で流量を測定します。漏れを検出するために、何台かの追加のセンサがパイプラインスプライスに配置されています。 

解決法

炭鉱およびそのスラリー貯留池の地形が山または丘を含む場合、無線間の鮮明な見通し線は不可能です。ワイヤレスデータ監視ソリューションを可能にするために、マルチホップ無線ネットワークが使用されました。

マルチホップマスター無線機が、鉱山施設に設置されました。7台の追加のマルチホップ無線機のうち、4台は無線機はソーラーパネルまたは10〜30VのDC電源で動作する中継器としての役割を担い、3台のスレーブのマルチホップ無線機は電池が電源となります。

流量の変化を検出するために、パイプラインの両端に2台の4~20mA流量センサが取り付けられています。液体の存在を検出するためにすべてのパイプラインスプライスに光センサが取り付けられています。漏れが検出されると、マルチホップ無線機から制御場所に戻された信号がポンプを停止します。

ワイヤレスソリューションによって、約2マイルに及ぶパイプラインの全長にわたって電源ケーブルとデータケーブルを敷設する必要はありません。

環境障害が多い中でも、マルチホップのスレーブおよび中継器の無線機は漏れ検出データをマスター無線機に確実に送信します。

この記事で取り上げられた製品

マルチホップModbus I/Oデータ無線
マルチホップModbus I/Oデータ無線

マルチホップModbusデータ無線は、Modbusまたはその他のシリアル通信ネットワークの範囲を拡大します。各無線をマスター、中継器、またはスレーブに設定することができます。ディスクリートI/OとアナログI/Oのモデルを提供しており、Modbusプロトコルを使ってアクセスできます。

さらに読む