cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

ダイから抜き取られた部品の検出 [成功事例]

ダイから抜き取られた部品の検出の画像

PVDセンサは、ダイプレスから取り出された金属部品がシュートからビンに送られた部品を検出します。センサが部品を検知すると、プレス制御システムに出力を送り、別の部品をダイに挿入することが可能であることを知らせます。 

お客様の要望: 「ダイクラッシュ」を防止するために部品を効果的に検出したい、またはダイプレスに2つの部品を同時に挿入できるようにしたい

解決策: 応答速度が向上したPVDピッキングセンサ

採用理由 効果的な設計および機能性—バナーがお客様の特定のニーズに合わせて規格製品を変更し、現在の部品取り出し操作を維持することを可能にする

お客様のメリット

強化された品質管理—PVDをプレス制御システムに接続して部品を監視することにより、ダイクラッシュの可能性を排除する 

容易な取り付け—アンプ内蔵型PVDは反射モードで自動的に動作し、ユーザの介入なしに自動調整する

背景

メーカーは、ダイプレスを用いて切断および成形されたさまざまな金属自動車部品を製造しています。プレスの損傷を防ぐためには、「ダイプロテクション(鋳型保護)」論理、または部品を監視するための制御システムが必要です。

課題

メーカーの施設では、オペレータはダイプレスから金属部品を手動で挿入および取り外します。完成した部品は金属シュートを介してビンに送られます。ダイクラッシュ(同時に2つの部品がプレスに入る)を防止するため、顧客はシュート上のさまざまな部品を検出して制御システムに信号を送信できるセンサを必要としていました。それにより、プレスが空であることが示され、オペレータは別のストロークを実行することができます。シュートの側面にスロットを切断したり、シュートの端にセンサを取り付けたりすると移動する部品の脱線ポイントとなることがあるため、これらを必要とせずに設置できるソリューションが必要となります。

解決法

バナーは使いやすいアンプ内蔵型部品確認センサであるPVDピッキングセンサをお客様を紹介しました。従来、PVDは部品組立に使用されているセンサですが、お客様の部品取り出し用途に理想的なソリューションとなりました。第一に、PVD独自の設計と機能性がお客様の設置要件を満たしていました。センサは自動的に反射モードで動作するため、移動する部品の上に取り付けることが可能で、自動ゲイン制御によりシュートの反射が調整されます。第二に、応答速度の変更がお客様のダイプロテクション(鋳型保護)の要件を満たしていました。応答速度を400 msから50 msに上げることにより、PVDは、より大きな部品に加えてさらに高速で動く小型の部品を確実に検出することができます。最後に、部品が検出されると、センサは出力を制御システムに送り、ダイクラッシュの可能性を排除し、品質管理を改善します。

この記事で取り上げられた製品

PVDシリーズ 一体型部品確認アレイ
PVDシリーズ 一体型部品確認アレイ

PVDピッキングセンサはコンパクトな一体型ソリューションで、多様な部品組み立て、ピッキング、エラー防止用途に役立ちます。

さらに読む
一体型部品確認アレイピックトゥライト:PVDシリーズ
一体型部品確認アレイピックトゥライト:PVDシリーズ

PVDピッキングセンサはコンパクトな一体型ソリューションで、多様な部品組み立て、ピッキング、ポカヨケ用途に役立ちます。

さらに読む

関連分野