タイヤ製造における鋳型保護

タイヤ製造における鋳型保護の画像

課題

未加工のタイヤを適切なプレス機に仕向けることにより、タイヤプレス機の鋳型を損傷から保護する

解決策

プレス機がサイズの異なるプレス加工されていないタイヤまたは未加工のタイヤに溝を成形しようとすると、タイヤプレス機の鋳型が多額の損傷を受ける結果につながります。

各タイヤを正しいプレス機に向けるために、バナーのPresencePLUS P4 BCR 1.3ビジョンセンサは、タイヤのビーズのラベルに印刷されたバーコードの識別情報に基づいてグリーンタイヤを分類します。

この用途では、コンベア上を移動する未加工のタイヤが、6個のBCR 1.3ビジョンセンサが取り付けられている固定具の下を通過します。複数のセンサを使用することにより、ラインに最適な速度と場所に関係なくコードを検出できる最適な解像度で内部リム全体がチェックされます。

各BCR 1.3ビジョンセンサに取り付けられたリングライトにより、バーコードラベルと背景の間にコントラストが生成されます。

この記事で取り上げられた製品

関連分野