センサのネットワークによる乾式壁厚の測定

センサのネットワークによる乾式壁厚の測定の画像

課題

乾式壁の製造プロセスでは、正確な変位測定が重要です。メーカーは、特定の業界規格を満たすために乾式壁シートの厚さが均一であることを確認する必要があります。一部の規格には、コアとエンドの厚さ、エッジの真直度および長さなどの多くの要素が含まれます。


業界標準を確実に満たせるよう、メーカーはバッチ稼働中にスポットチェックを行うことがよくあります。測定値が規格外である場合、バッチ全体を廃棄することは珍しくありません。当該の品質の規格を維持することは、高価で時間がかかることがあります。

解決策

バナーL-GAGE LHレーザー変位センサのネットワークは、製造プロセス中にシートの厚さを連続で測定するために戦略的に配置されています。セットになっている厚さセンサのいずれかが仕様外の測定値を示す場合、プロセスを直ちに停止して製造ラインの調整および修理を行うことができます。これにより、廃棄される材料をなくし、製品の品質を向上させることができます。

L-GAGE LHセンサは、ミクロンレベルの変位測定が可能です。センサは、共通の通信バス上で共にネットワーク接続が可能で、変位と厚さのセットを混合して一致させることができます。L-GAGE LHレーザー変位センサは、通信ネットワーク上で自己同期し、測定しているターゲットの動きに合わせて数学的に調整するため、完全かつシンプルな解決策を提供します。すべては、外部コントローラを必要とせずに実現されます。

シングルセンサ、厚さのセット、ネットワークまたはセンサ全体を設定するための主要コンポーネントは、LHシリーズソフトウェアです。LHアシスタントは、センサ間でデータをやり取りし、データロギングと監視機能のためにデータをPCに転送するためにネットワークを正しく設定する手順を段階的に説明します。

この記事で取り上げられた製品

LH 高精度レーザー測定センサ
LH 高精度レーザー測定センサ

機械加工された金属、木材、セラミック、紙、塗装加工のターゲットなどの材質を確実かつ正確に測定する精密なレーザー技術です。

さらに読む