cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

水容器の充填レベル検証

水容器の充填レベル検証の画像

課題

製品の一貫性を維持し、製品の回収をゼロにするには、水容器の液体レベルが正しくなければなりません。水と透明体を確実に検知して充填レベルを確実に判断することができるセンサが必要です。

解決策

バナーのQS30H2Oセンサは、水や水ベースの液体の存在を光学的に検知する際の課題に対処するために特別に設計されたセンサです。QS30H2Oは透過ビーム検知モードで動作し、投光器のLEDは独自の1450波長です。1450波長は、水により容易に減衰されます。

水が充填レベルに存在すると波長が弱くなりますが、それはセンサが十分な光を検出せず水位が正しい、ということです。水が存在しない場合には、センサが1450 nmのライトを検出し、製造ラインから容器を排除します。このため、充填レベルの基準を満たしていない製品が処理または出荷されることが防止されます。

このセンサは、プラスチックの容器を通過するのに十分な高い過剰ゲインを持ちながら、容器内の水を十分な感度で正確に検出します。

この記事で取り上げられた製品

QS30シリーズ 高性能長距離センサ
QS30シリーズ 高性能長距離センサ

検出距離最大200メートルの高性能センサ。E/Mリレー出力モデルを用意。

さらに読む

関連分野