車両の待ち行列内の交通量レベルの表示

車両の待ち行列内の交通量レベルの表示の画像

課題

交通量の多い道路の料金所は、交通量のピーク時はすぐに渋滞してしまうため、運転手や料金所の係員には悩みの種です。係員が各レーンの自動車の台数を把握することができれば、交通量レベルを査定し、特に注意が必要な車の流れが遅いレーンを識別することが可能になります。

解決策

Mゲージ車両検出センサまたはRゲージレーダーセンサのいずれかを使用して、各レーンの指定されたチェック点を監視し、各車両がその点で停止し続ける時間を決定することができます。

この情報はPLCに送信され、交通管制センターの一連のK80L Segmented EZ-Lightのシリーズに接続されます。EZ-LIGHTは、各レーンの状況を交通管制官に伝えます。続いて交通管制官は、レーンの渋滞時に料金所の係員に警報を発することができます。

K80L Segmented EZ-Lightは、言語と非言語の両方のメッセージを送信します。ラベルはカスタマイズが可能で、複数の言語で明確に情報を伝達できます。視認性の高い色分けされた四分円により、迅速かつ容易にステータスを識別できます。

この記事で取り上げられた製品

QT50Rシリーズ 衝突回避レーダーセンサ
QT50Rシリーズ 衝突回避レーダーセンサ

リーチスタッカー、フォークリフト、鉱業車両などの移動設備の衝突回避に最適な、高感度レーダーセンサです。調整可能な検出フィールド

さらに読む
K80Lシリーズ分割タイプ表示灯
K80Lシリーズ分割タイプ表示灯

バナーのK80L分割タイプ表示灯は最大4つの区分に分かれていて、個別にまたは組み合わせて照明することでポカヨケやオペレータへの操作指示の用途に役立ちます。

さらに読む

関連分野