埋立地の浸出液ポンプサイクルの計測

埋立地の浸出液ポンプサイクルの計測

課題

埋立地の井戸から浸出液を除去することは、埋立地の一貫したガス生産を確保するための基本作業です。ポンプの種類は様々であり、標準の電気ポンプ、エダクタ、または空気圧ポンプの場合があります。これらのポンプはすべて、井戸ヘッドの上部に取り付けられた集計カウンターと共に設置され、 ポンプサイクルを監視し、井戸から取り出された浸出液の総量が計算されます。

現在のほとんどの設置では、このカウンターは手動で読み取られています。手作業でポンプサイクルのデータを収集する代わりに、FlexPower™カウンターノードを使用し、ポンプからのデータを中央制御センターにワイヤレスで送信することで、時間を節約し、エラーを排除します。

解決策

井戸のヘッドに取り付けられたFlexPowerカウンターノードは、ポンプサイクルを正確にカウントし、この情報をワイヤレスで中央制御センターに送り返すことができます。

制御システムは、このカウント情報を使用して、ポンプがいつ作動しているかを判断し、浸出液抽出量を計算し、ポンプのメンテナンスをスケジュールすることができます。

困難なトポロジの場合、SureCrossデータ無線を使用して障害物を越えてデータを送信し、DX80センサネットワークの範囲を拡大することができます。

この記事で取り上げられた製品

Performanceシリーズのゲートウェイとノード
Performanceシリーズのゲートウェイとノード

大規模なエリアでI/Oを伝送するポイントツーマルチポイント (一対多) ネットワークを作成します。入出力のタイプにはディスクリート (ドライ接点、PNP/NPN)、アナログ (0~10 V DC、0~20 mA)、温度 (熱電対およびRTD)、およびパルスカウンタがあります。

さらに読む