cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

受光器が照明の広域スペクトラムを検出

受光器が照明の広域スペクトラムを検出の画像

課題

自動車産業では、製造プロセス中に内外装の照明機能の頻繁な検証を必要とします。通常、自動車メーカーの最終組立工場に出荷される前に、各部分組立品の照明がテストされます。部品のLEDや白熱灯が正しく動作しなければ、一次サプライヤは、罰金を支払うか、在庫を抑制することになります。

解決策

独自のコスト効率の高いバナーのDF-G1光ファイバ受光器は、テスト設備に直接設置が可能で、照明を正常に機能させます。他のDF-G1モデルと同様に直感的なデュアルディスプレイとプログラミングインターフェイスを備えたこの受光器は、組立およびテスト設備制御システムに統合および接続して、合格/不合格検査を実施できます。

この用途では、PLCによって、4台のDF-G1受光器がすべてアクティブ出力になります。1つまたは複数の出力がオフの場合、テールライトアセンブリは無視され、品質管理に送られて評価されます。

バナーのDF-G1光ファイバ受光器は非常に感度が高く、410 nmから近赤外 (〜700〜1400 nm) の波長を検出することができます。赤外線光の検出の用途にはグラスファイバが推奨されます。受光角を小さくするために使用できるレンズも用意されており、それにより用途のコントラストを高め、周囲光の影響が最小限に抑えられます。

この記事で取り上げられた製品

DF-G1シリーズ 汎用光ファイバ増幅器
DF-G1シリーズ 汎用光ファイバ増幅器

汎用およびエラー防止に最適なIO-Link機能を搭載したファイバ増幅器。単純な操作でセットアップと構成を行えます。NPNまたはPNP出力です。

さらに読む

関連分野