ペレットコンベアの監視

Plastic factory

課題

プラスチックインフレーション成形メーカーは、スーパーで見られる肉やチーズなどの包装製品を製造しています。インフレーション成形のプロセスでは、ペレット媒体を運搬および混合するために半マイル以上に及ぶ様々なコンベアシステムが使用されます。

プロセスを円滑に進めるには、コンベアがスムーズに動くことが重要です。複数のコンベアシステムでは、コンベアを常に障害物がない状態に維持し、機械の異常を早期に検出して、材料やバッチの無駄な廃棄や損失につながるダウンタイムから生じるコストを削減する必要があります。

設備とコンベアシステムはいずれも巨大で長大であるため、すべての監視ポイントに配線することは、高額な費用がかさむ困難な作業です。各監視ポイントは電源と何らかのタイプの信号線を必要とし、情報を中央の監視ポイントに送信しなければなりません。

解決策

音響式センサは、コンベアシステムに沿った特定の監視ポイントで材料の詰まりや機械の異常の発生を検出します。センサ出力は設備の音響振動振幅に比例し、電圧レベル (0〜10 V dc) に容易に相関させることで、問題を特定することができます。バナーのSureCross DX80パフォーマンスワイヤレスネットワークは、多数の監視対象の電圧をアナログ入力としてシングルデータ集約ポイントに伝達し、システム全体のステータスをHMI、PLC、またはSCADA監視デバイスに通知できます。

 

DX80パフォーマンスノードは、音響式センサの出力からのアナログ値を監視し、DX80無線ネットワーク内のそのアドレスから位置情報を提供します。また、ノードと音響式センサは電池から給電できるため、監視現場の電源を配線する必要がありません。DX80パフォーマンスゲートウェイは、最大47のノードから情報を収集し、ほとんどのHMI、PLC、およびSCADAシステムで広く普及しているプロトコルのModbus RTUを介して通信します。

この記事で取り上げられた製品

Performanceシリーズのゲートウェイとノード
Performanceシリーズのゲートウェイとノード

大規模なエリアでI/Oを伝送するポイントツーマルチポイント (一対多) ネットワークを作成します。入出力のタイプにはディスクリート (ドライ接点、PNP/NPN)、アナログ (0~10 V DC、0~20 mA)、温度 (熱電対およびRTD)、およびパルスカウンタがあります。

さらに読む