プラスチックメーカーの機械稼動時間の監視

課題

射出成形工場の作業管理者は、セットアップとメンテナンス中のダウンタイムを監視し、削減したいと考えました。そこでSCADAシステムを購入しました。各プレスに信号ワイヤを接続していませんでしたが、ダウンタイムを監視するために必要な情報を得るにあたり接続は必要なことでした。

信号ワイヤやネットワークケーブルを敷設するには25,000ドル以上のコストがかかる見込みでした。プレスにはネットワークインターフェイスが無かったため、ネットワークケーブルを敷設するだけでは会社のネットワークに接続することは不可能でした。最後に、このソリューションは設置と保守が容易である必要がありました。

大手プラスチックメーカーの射出成形

解決策

PerformanceノードPB2ボードモジュールは、低コスト、サイズ、機能の三拍子が揃っていました。ゲートウェイとのバインディングとI/Oマッピングの容易さにより、シームレスな設置が可能になりました。1WのPerformance無線により、すべての装置で堅牢なワイヤレス接続が実現しました。

Performance P8ゲートウェイを中央制御ステーションのPLCに接続し、各ゲートウェイで最大6つのPB2ノードボードモジュールからデータを収集しました。施設全体にPB2ノードを設置して、各プラスチック射出成形プレスを監視しました。システムは正常に稼動しており、工場に必要なデータを提供しています。

この記事で取り上げられた製品