cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

印刷施設のオペレータ効率の監視

段ボールの印刷施設がワイヤレス技術を使用して生産業績を追跡

課題

段ボールの印刷会社は、標準生産性の測定単位となる機械オペレータの効率と業績を追跡きないことに悩まされていました。さらに、効率の低下と未使用の機械の可用性は、月末になってオペレータのデータがスプレッドシートに手動で入力されるまで、報告されませんでした。

解決策

生産現場の各プレス機には、高速DX80カウンターノード、カウントをリセットするための操作用押しボタン、および現在のジョブを開始または停止するタイミングをオペレータに示すK50 EZ-LIGHTインジケータが装備されました。

各ノードは中央に位置するDX80ゲートウェイとワイヤレスで通信し、ゲートウェイはModbus RTUを使用してHMIパネルと通信します。ジョブが開始されて完了すると、システムはHMIのメモリカードに、ジョブ番号、開始時間と停止時間、総パーツ、平均実行時間などのデータを収集して保存します。各ジョブが完了すると、EZ-LIGHTが赤色に変わりオペレータに通知され、HMIはEメールを送信して管理者に通知します。 

ワイヤレス効率監視システムによって生産性が20%改善し、設置から12か月以内に導入コストが回収されました。稼動していない機械がうまく利用され、オペレータは、即時のデータ取り込みと計算/表示のおかげで、ジョブ当たりの効率性をより早く改善することができました。プラント管理者は、資本設備や人的投資に関する企業の意思決定の基礎となる情報が手元にあると感じることができました。

この記事で取り上げられた製品

Performanceシリーズのゲートウェイとノード
Performanceシリーズのゲートウェイとノード

大規模なエリアでI/Oを伝送するポイントツーマルチポイント (一対多) ネットワークを作成します。入出力のタイプにはディスクリート (ドライ接点、PNP/NPN)、アナログ (0~10 V DC、0~20 mA)、温度 (熱電対およびRTD)、およびパルスカウンタがあります。

さらに読む