cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

フィーダーボウル内の部品検出

フィーダーボウル内の部品検出の画像

課題

フィーダーボウルは、自動組み立てプロセスを開始するための部品の向きを合わせるのに最適です。フィーダーボウルに部品を保管しておくことは、プロセスが途切れることなく継続されるために重要です。標準的な反射モードセンサでは、ボウルと部品の有無の区別が難しい場合があります。キーパフォーマンスを遂行できる光電センサは、このようなかつて困難であった用途に確実に対応できます。

解決策

この図では、キャップは、プロセスの後半でボトルの装填のために配置されるべき部品の向きを一定に保つフィーダーボウルに装填されています。バナーQS30AFは、この用途に理想的な検知ソリューションであり、キャップがボウルから外に出る時にキャップの供給レベルを監視するように配置されています。背景抑制機能を備えたQS30AFを使用すれば、ボウルの動き、ボウルの底の角度、および光沢のある表面はすべて、一貫性のない光をセンサの受光器素子に戻す要因となり、センサは空のフィーダーボウルの光沢のある表面を無視します。背景抑制により、QS30は反射モードで動作し、キャップから戻ってきた光を検出しますが、フィーダーボウルの底面から戻ってくる光は無視します。キャップが存在しない場合、センサはもはやキャップから光を戻さず、出力がトリガされてフィーダボウルを補充します。

400mmの検出範囲では、QS30AFは様々なサイズのフィーダーボウルで動作し、マルチターンポテンショメータにより容易なセットアップと構成が可能になります。QS30AFは、フィーダーボウルの部品検出に加えて、背景の条件を制御できない場合のあらゆる用途に最適です。

この記事で取り上げられた製品

QS30シリーズ 高性能長距離センサ
QS30シリーズ 高性能長距離センサ

検出距離最大200メートルの高性能センサ。E/Mリレー出力モデルを用意。

さらに読む

関連分野