cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

回転する旋盤タレットでの存在検出 [成功事例]

回転する旋盤タレットでの存在検出の画像

回転式産業旋盤タレットに設置されたSureCross® DX80 FlexPower® ノードとサードパーティー製誘導近接センサ 

お客様の要望:精密部品加工に使用される工業用旋盤の材料の有無の検出 

解決策:SureCross® DX80 FlexPower®ゲートウェイ、SureCross® DX80 FlexPower®ノード 

採用理由:完全なワイヤレス操作- 電池式ノードとセンサは、離れた場所にあるゲートウェイとワイヤレスで通信

ゲートウェイの価格 – 機械に適合し、より複雑なソリューションを提供しつつコスト競争力のあるソリューション

お客様のメリット

向上した性能 – 一貫した存在検出により、工具損傷を抑制し、スループットが向上

背景

Betty Machineは、60年以上にわたり、精密機械部品、CNCおよびスクリュー機械製品の製造において、顧客の期待に応えてきました。Betty Machineが確立した企業文化やプロセスに根付く、細部への留意、正確性および一貫性は、基本原理です。

課題

精密機械、専門の技術者および高品質の原料は、Betty Machineの生産工程に不可欠です。材料が旋盤に装填されると、オペレータは工具の損傷や材料の損失、そして生産の減速を防ぐために、材料の位置とアライメントを確認します。Betty Machineはこのプロセスを自動化することでプロセス効率を向上したいと考えていました。機械が振動したり、部品が動いたり、飛散物があっても、確実に遂行できるソリューションが必要でした。 

解決策

Betty Machineは、バナーエンジニアリングのSureCross®DX80FlexPower®ワイヤレスネットワークを選択しました。汎用性があり拡張性の高いこのソリューションは、複数のエンドポイントノードとの双方向通信が可能なゲートウェイを中心に構築されています。

誘導近接センサを備えたシングルノードが旋盤タレットに固定されていました。このノードはオープン設計になっており、サードパーティ製のセンサを用途に簡単に統合することができます。IP67定格のエンクロージャとポリカーボネート製の補強シールドにより、飛散物に対する保護が提供されています。ノードとセンサの電源は、内臓の3.6Vリチウム電池です。このソリューションは完全にワイヤレスであるため、ノードとセンサの追加によりタレットの動きに障害となるものはありません。

近接センサは、材料の有無および位置を検出します。この情報は接続されたノードに伝達され、リモートゲートウェイに送信されます。オペレータは、材料の有無に応じて合否信号を受信します。ゲートウェイはBetty Machineのデータ収集を集中管理し、オペレータとセンサ間の双方向通信を確実に行います。

この記事で取り上げられた製品

Performanceシリーズのゲートウェイとノード
Performanceシリーズのゲートウェイとノード

大規模なエリアでI/Oを伝送するポイントツーマルチポイント (一対多) ネットワークを作成します。入出力のタイプにはディスクリート (ドライ接点、PNP/NPN)、アナログ (0~10 V DC、0~20 mA)、温度 (熱電対およびRTD)、およびパルスカウンタがあります。

さらに読む