cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

プロセスの監視と、起動した緊急用シャワーがある地点でのレポート

プロセスの監視と、起動した緊急用シャワーがある地点でのレポートの画像

課題

ある化学薬品会社は、
緊急用シャワーがいつどこで起動したかを把握し、起動した緊急用シャワーに対して警備員を送る必要があります。

最初に設置されたシャワーは15台のみであったのに対し、将来的なプラント拡張では、施設全体の屋内外に最大99台のシャワーが設置される計画です。最も遠い屋外の地点は中央制御ステーションから約1マイル離れています。こういった理由から、ワイヤレス通知システムが最適なソリューションでした。

解決策

緊急用シャワーがある各地点に、4つのディスクリート入力と4つのディスクリート出力を搭載したFlexPowerノードとDX81電池モジュールが設置されました。この設置はクラスI、ディビジョン2環境であったため、DX80シリーズのCハウジングが採用され、適切なエンクロージャ内に設置されました。

シャワーが機械式ウィスカースイッチによって作動されると、FlexPowerノードはゲートウェイとコントローラに信号を送信し、特定の地点でシャワーが作動したことをセキュリティに通知します。これにより、警備チームは迅速に シャワーを特定し、緊急事態の程度を判断することができます。

スイッチの代わりに圧力感知フロアマットによって起動する緊急用シャワーもあります。どちらの検知装置も、クラスI、ディビジョン2のFlexPowerノードの入力として配線することができます。FlexPowerノードの稼働により、 10〜30V DC電源または電池モジュールの電源が無線装置とセンサに供給されます。この用途では、1つの電池モジュールで、最大5年間、センサと無線装置に電源が供給されます。

この記事で取り上げられた製品