食品包装および搬送時の検知

食品包装および搬送時の検知

用途: コンベアベルトを流れる暗色のトレー上の加工肉食品を検出

課題: 豊富な色のバリエーション

解決策: EZ-BEAM T18限定反射ドセンサ

メリット: IP69K等級ハウジングで、設定範囲外のアイテムを無視

食品は様々な包装段階を経て、配送およびディスプレイに向けて準備されます。自動化設備とセンサは過酷な洗浄環境に耐えると同時に、正確かつ一貫して機能しなければなりません。

梱包された肉製品搬送システムの検査には、独特の課題がいくつかあります。この用途では、肉が調製され、暗色のプラスチックトレーに配置されます。トレーは、ラップされラベル付される前に一連の白いコンベアベルト上を移動します。この複数のコンベアベルト構成では、各ベルトの上にセンサを配置し、プロセスを移動する食品トレーを検出する必要があります。

説明

この用途の検知の特徴はシンプルでありながらユニークです。反射率の高い白色の背景の上にセンサを配置することにより、濃淡が様々に異なる暗色で低コントラストの物体を検知します。EZ-BEAM T18限定反射センサは理想的なソリューションです。検出カットオフが鋭く、色のバリエーションの影響を受けません。特定の範囲内にある物体の有無を知らせ、背景を無視します。センサのL字型ハウジングにより、コードセットの接続を取り付けアセンブリと平行にすることで、薄型の機械設計が可能です。背景を無視しながら食品トレーを検出可能なコンベア上の高さにセンサを配置した後、検出範囲の調整は必要ありません。

QDモデルのT18センサはIP69等級で、EZ-BEAMシリーズの多くのセンサと同様に、頻繁で過酷な洗浄に耐えられるように設計されています。

この記事で取り上げられた製品

T18シリーズ アンプ内蔵型バレル取付センサ
T18シリーズ アンプ内蔵型バレル取付センサ

エポキシ樹脂完全封入のバレル取付センサは、DCおよびAC電源電圧で稼働し、過酷な検出環境への耐性を備えています。

さらに読む