仕分け自動誘導ステーション

仕分け自動誘導ステーション

課題

仕分けシステムでは、慎重に間隔を置いた決まったタイミングでの製品誘導が必要です。誘導コンベア上を流れる製品にセンサを使用して、正確なタイミングと製品間隔を確保する必要があります。効率的な仕分けと自動誘導プロセスを確実にするため、自動的に誘導される荷物の有無を確認する必要があります。

解決策

S18-2回帰反射センサは、自動誘導コンベアステーションに沿って長距離で効果的な検知を行います。偏光センサは、偽トリガを減らすことで光沢のある表面を効果的に検出します。

S18-2回帰反射センサはバレルマウント方式の費用対効果の高いセンサで、検証の目的でコンベアに沿って容易に設置が可能で、回帰反射型、透過型、拡散型、限定反射型をご用意しています。

S18-2の高度ASIC (特定用途向け集積回路) 技術は、蛍光灯に対して耐性があり、より高いレベルのクロストーク回避を提供します。このセンサは-40〜+ 70℃の広い範囲で動作し、非常に見えやすく強力な赤色投光器ビームを備えているため、容易なアライメントとセットアップが可能です。

この記事で取り上げられた製品

S18-2シリーズ コスト効率の良い18 mmプラスチックバレル
S18-2シリーズ コスト効率の良い18 mmプラスチックバレル

クロストーク回避を採用したアンプ内蔵型の蛍光灯電磁波耐性センサでは、投光器から発する可視性の赤い明るいビームを使って、光軸調整やセットアップを簡単に行えます。

さらに読む