cart
DESCRIPTION
PRICE (EACH)
SUBTOTAL
Close
ERROR: There was a store error when adding the item to your cart. [128]
Adding the item to your cart...

金属部品のスタック高検出

金属部品のスタック高検出の画像

課題

金属プレス加工産業では、鋳型を使用して高精度で高品質な部品を作成します。プレス加工された金属部品の製造中に、個々の部品をダイステーション間で移動させる必要があります。機械的移送装置がこれらの部品を把持して移動させることで、オペレーションの各工程を完了します。部品を次のステーションに移動させるため、把持装置は金属シートのスタックが特定の高さになるタイミングを把握する必要があります。

解決策

トランスファプレスは、工具の損傷や低品質部品を発生させることなく機械シャトルシステムを稼動させ続けるために、確実な部品の取り外しまたは供給検知を必要とします。金属シートの配置または移動が正確に制御されていないと、ダウンタイムや大量の廃物が発生する可能性があります。

バナーのVSMセンサは完全にアンプ内蔵型であるため、調整の必要がなく、トランスファープレスの用途においてスタック高を確実に繰り返し検出することができます。4 mmのバレルとほぼ同じくらいに小型のコンパクトなサイズと焦点の絞りが良いビームが特徴のVSMは、プレスされた金属シートのスタック高の検出に最適です。VSMは製造設備の内部に直接取り付けられるため、ユーザーの生産ラインへ容易にな統合できます。

様々な化学物質に対して耐性が高いVSMのステンレス鋼ハウジングも、過酷な産業環境に完全に適しています。VSMセンサは、過酷な用途向けの光ファイバーセンサの代替品としてのニーズを満たすこともできます。コンパクトでアンプ内蔵型のVSMは、金属プレス加工の用途における部品および位置検出のためのコスト効率の高いソリューションです。

この記事で取り上げられた製品

VSMシリーズ アンプ内蔵型金属センサ
VSMシリーズ アンプ内蔵型金属センサ

ヘビーデューティー設計の高性能金属光電センサです。焦点を絞った狭いビームと、衛生用途に最適な滑らかでステンレス鋼製のバレルを使用しています。

さらに読む