ウィンドウの色調の確認

ウィンドウの色調の確認の画像

課題

カーウィンドウ生産の流れ作業時は、ガラスの色調の有無を確認することが重要です。それにより、最終組立ラインの生産モデルに正しいガラスが使用されているかを確認できます。

解決策

バナーのDF-G1ライト受光器センサは、ガラスを通過する外光の量に基づき、色調の有無に関わらずウィンドウを識別します。DF-G1のアンプ内蔵型装置には、コンベア上で容易に調整を行うことができる操作用押しボタンが装備されています。直観的なユーザーディスプレイにより、センサの情報を即時に確認できます。

ロボットが固定具にガラスを置く際に、検査のため、複数のセンサが光源に向けてセットアップされます。色調が検出された場合または色調が検出されない場合、複数のセンサを使用して正の信号が生成されます。

DF-G1ファイバ増幅器は、使いやすいロッカースイッチと追加の構成オプションを備えたデュアルデジタルディスプレイが特徴です。色調が検出されるエリアを照らす光源ライトとして工場照明を使用するか、またはオプションのLEDバックライトを取り付けて、検査に必要とされる十分な光量を供給できます。

この記事で取り上げられた製品

DF-G1シリーズ 汎用光ファイバ増幅器
DF-G1シリーズ 汎用光ファイバ増幅器

汎用およびエラー防止に最適なIO-Link機能を搭載したファイバ増幅器。単純な操作でセットアップと構成を行えます。NPNまたはPNP出力です。

さらに読む

関連分野