ワイヤレス部品要請

ワイヤレス部品要請の画像

課題

部品要請の用途においては、製品が品質を維持し細心の注意を払い製造されていることを保証するための効率的なプロセスが必要です。効率を向上させるために、ワークステーションの組み立て担当者は、現場を離れずとも部品やサービスを要請できる手段が必要です。部品をすばやく入手することで生産効率が向上し、リモートインジケータのシステムを使用することで管理者は各現場のステータスを見ることができるので、管理者が生産上の問題を迅速に修正することが可能です。

解決策

高品質のLEDライトと複数の色が1つのデバイスに搭載されたバナーのマルチセグメントブザーTL50をK50 TouchおよびPM8ワイヤレスシステムを組み合わせることで、効率的な部品要請が可能になります。まず、人間工学を考慮したバナーのK50タッチボタンを管理ステーションに設置し、対応するPML8ワイヤレスノードに応じて番号を付けます。ワイヤレスノードは、個々のワークステーションにブザータワーライトと共に設置されます。

組み立て担当者は、部品が切れた場合に現場に設置された操作用押しボタンを押します。操作用押しボタンは、TL50のタワーライトを緑色から赤色に変えるよう信号を送り、タワーライトブザーアラームを作動させて部品不足を管理者に通知します。するとPML8ワイヤレスノードも作動し、管理ステーションの対応するK50タッチボタンに緑色から赤色に変える信号を送り、どの現場が追加の部品や支援を必要とするかを管理者に正確に伝えます。

部品が適切な現場に届くと、管理者はK50インジケータのタッチボタンに触れて部品が配送されたことを確認し、K50を赤から緑に変えます。組み立て担当者の生産性が低い場合、現場にある別のプッシュボタンを使用して、TL50タワーライトとK50インジケータを黄色に変更します。管理者はこれを警告として受け取り、組み立て担当者に部品を迅速に届けることができます。

効率的な部品要請とスムーズな通信プロセスによって、管理者は組み立て担当者の高い生産目標の達を支援し、生産上のあらゆる問題に対処することができます。バナーのリモートインジケータ、タワーライト、ワイヤレスシステムにより、効率的な部品要請のプロセスを構築し、生産性を最適なレベルに維持することができます。

この記事で取り上げられた製品

80 mm照光式タッチボタン:K80シリーズ
80 mm照光式タッチボタン:K80シリーズ

K80シリーズのタッチボタンは、明るい大型の表示灯とタッチで作動するソリッドステートの切り替え方式を組み合わせたボタンで、リーン生産方式とピッキング用途に最適です。

さらに読む
50 mm照明付きタッチボタン:K50シリーズ
50 mm照明付きタッチボタン:K50シリーズ

K50シリーズのタッチボタンは、明るい大型の表示灯とタッチで作動するソリッドステートの切り替え方式を組み合わせたボタンで、リーン生産方式とピッキング用途に最適です。

さらに読む
TL50 Coreシリーズ 50mm LEDタワーライト表示灯
TL50 Coreシリーズ 50mm LEDタワーライト表示灯

LEDタワーライト表示灯は視認性が高く、設置が簡単で組み立ては不要。7色までの表示が可能。IO-Linkに対応。

さらに読む